月額980円(税抜)

用語集

アイ(ルアー)

ラインを結ぶ部分のこと。ルアーのフックをぶら下げる部分もフックアイと呼ぶことがある。ルアーの目のこともアイと呼ぶ。

アウトサイド~

外側という意味。川やダム湖のカーブした地形なら、その外側のこと。ウィードが繁茂している場所なら、自分から見てウィードの外側を指す。

アウトレット

湖などからの流れ出し。反対語はインレット。B品の釣り具をメーカーが「アウトレット品」として売ることもある。

アオイソメ、青虫

海の釣りエサに使われる、多毛類動物の一種。地方によっては『青虫』『朝鮮ゴカイ』などの呼び方がある。同じ多毛類のエサのゴカイと混同されることもあるが、アオイソメの方がひと回り大きい。

青潮

汚れた海水に含まれる窒素やリンを好むプランクトンが大量に発生し、その死骸が海底に堆積。微生物に分解されることで硫化水素が発生し、それが海流や風の影響で海面まで上昇すると濃いめの青色に見えることに由来する。

青物

エサを求めて常に広範囲を群れで回遊するマグロやカツオ、ブリ、ヒラマサ、カンパチなどの中~大型魚のこと。アジやサバなどの小型魚も青物の範疇に入る。

赤潮

汚れた海水に含まれる窒素やリンを好むプランクトンが大量に発生し、海の表面が赤く見えることに由来する。赤潮が発生すると周辺が酸欠状態になり、魚が大量に死ぬ恐れもある。

アカムシ

細長くて赤い、ユスリカの幼虫のこと。小型の淡水魚釣りのエサに用いられることが多い。

上がり潮

潮流が満潮に向かっていく状態のこと。上げ潮と同義語。

アキュラシー

正確さ。特にキャスティングの正確さのことを指す。「キャスティングアキュラシー」。

上げ潮

潮流が満潮に向かっていく状態のこと。上がり潮と同義語。

上げ止まり

満潮に向かって流れていた潮の動きが止まること。ほぼ満潮状態を指す。

朝マズメ

夜明け~日の出前後1時間ほどの、魚が釣れやすいとされる時間帯のこと。

アシ、ヨシ、リーズ

河川、および湖沼の水際に生える背の高い植物。バスや小魚の隠れ家にもなるし、産卵場にもなる。比較的関西ではヨシと呼ばれ、英語ではリーズと呼ばれる。

アタック

バスがルアーに襲い掛かってくること。必ずしも口を使わず、体当たりするような場合を含む。

アタリ

魚が仕掛けに食い付いた瞬間のこと。その振動が手元に伝わることを『手アタリ』、ウキが沈んだり釣り糸の動きでわかることを『目アタリ』とも表現する。

アタリエサ

さまざまなエサがある中で、その日にもっとも食いが良いエサのこと。雑食性が強いクロダイのようにサナギやコーン、イガイなど、エサの種類が多い魚種に対して使われることが多い。

当て潮、当たり潮

岸に向かって流れる潮流のこと。岸際に流れが『当たる』ことからの表現。

穴釣り

もともとはワカサギ釣りなど、凍った水面に穴を開けて仕掛けを投入する釣りのことを指すが、最近では海の消波ブロック帯の隙間を狙う釣りも穴釣りと呼ぶこともある。

アミ

エビに似た小型甲殻類のこと。大きな群れで海面付近を浮遊していることが多く、メバルやアジ、シーバスなどのルアーフィッシングの対象魚のエサとなることが多い。

荒食い、荒喰い

魚が越冬する、産卵行動に入るなど、ある一定期間エサを食べることができなくなる前に行う食い溜めのこと。

アルミボート

アルミニウム鋼板を素材として作られた釣り用ボートのこと。主に箱型のジョンボートと、先端がV字になっているVハルボートに分けられるが、いずれにせよ定員2~3人の小型ボートが一般的。軽くて耐久性もあるので、日本の事情に合うボートだ。

アワセ

魚が仕掛けに食い付いたことを感知して、釣り竿をあおって釣り人から能動的に釣り針を魚の口に掛けること。

阿波釣法

阿波の国=徳島県で始まったとされる、フカセ釣りの方法の一種。撒き餌を絶やさずに投入し続けて、魚を集めるのが特徴。警戒心の強いメジナ釣りなどに向いている。

アンカー

イカリのこと。海底の起伏にカギ状のオモリを引っ掛けて固定し、ロープや鎖を介して船を動かないようにする道具。

アングラー

釣り人のこと。

アンブレラリグ、アラバマリグ

傘のような形状の骨組みのひとつひとつにジグヘッドリグなどのワームを装着し、まるで小魚の群れが泳いでいるかのように思わせるルアー。効果は絶大だが、その大きさゆえに収納しにくいなどのデメリットもある。

イカメタル、メタルスッテ

スルメイカやケンサキイカを船で釣るための仕掛けの一種。鉛やタングステンなどの金属が素材となり、その上にカラフルな布やペイントで装飾されているものが多い。上下動を繰り返して誘う。

居食い

魚が針に掛かっているのに動かないので、アタリが伝わらない状態のこと。

活締め

釣った魚の処理方法のひとつ。生きている魚の延髄を切断して脳死状態にして、同時に動脈とエラを切断して海水入りバケツに入れて血抜きをする。こうすることで鮮度と食味が保たれる。

石ゴカイ

海の釣りエサに使われる、多毛類動物の一種。アオイソメと比較すると若干小振りで、細く柔らかいのが特徴。海の小物釣りにおける万能エサのひとつ。

石突き

釣り竿の竿尻にある、地面に突き当てる部分。磯からイシダイやクエなどの大型魚を釣る際に使う竿に装備されている。

磯竿

磯で使う釣り竿のこと。メジナなどを狙うフカセ釣り用もあれば、イシダイなどを狙う大物専用もある。

磯ダモ、磯玉

磯釣りで使うタモ網のこと。水面から足場が高い場所が多いため、振り出し式で5m前後にまで伸ばすことができる。

磯釣り

切り立った岩場など、整地されていない自然の海岸を舞台にした釣りのこと。

一荷

一度で2尾の魚が釣れること。天秤棒の両端に荷を掛けて、一度でふたつの荷物が担げることから由来する。

居着き

周辺を広く回遊せずに、一定の場所だけに棲息していること。もしくはそういう状態の魚のこと。

一尺一寸

長さの単位。一尺=約30.3cmを指し、一寸はその1/10の3.03cm。ヘラブナ釣りや渓流のヤマメ、イワナ釣りなど、日本で古くから楽しまれている釣りに使うことが多い。

一束

釣果100尾=一束と表現する。かつて野菜や稲などを10まとめたものを一把(いちわ)と呼びし、さらにそれを10まとめたもの(10×10=100)を一束(いっそく)と呼んでいたことに由来する。

糸ウキ

タナゴなどの小物釣りに使うウキのこと。道糸に小さな玉状のウキが数個ならんで装着され、微弱なアタリでも変化がわかりやすい。

糸ふけ

仕掛けを水中に投入した後、竿先から仕掛けまでの道糸が弛んでいる状態のこと。

イトメ

多毛類動物の一種で、ゴカイの仲間。イトミミズに似ているが別の生物。

糸よれ

仕掛けの投入と巻取りを繰り返すうちに、道糸がねじれてヨレヨレの状態になること。スピニングリールに巻いた道糸に起こりやすい。

入れ替え

バストーナメントにおいて、検量するバスの上限数(リミット)を超えるバスを釣った場合、そのバスが検量対象にすべき重さなら、一番軽いバスをリリースすることになる。これが「入れ替え」。

入れ食い

仕掛けを水中に投入した直後に、魚が釣れる状態が繰り返されること。

入れ食い

魚が立て続けに釣れ続けること。類語は、入れがかり、入れパク、バホバホ、ボコ釣れなど。

岩イソメ

体長が30cm近くになる、大型の多毛類生物。本来の名前は『イワムシ』だが、関西地方ではマムシ、瀬戸内地方ではホンムシとも呼ばれる。

インサイド~

内側という意味。ウィードが繁茂していたら自分から見て内側の切れ目をインサイドエッジと呼んだりする。

インジェクション

射出成型。金型に樹脂を注入して製品を作る製法。ワームの製法について、いわゆる手流しのハンドポワードは片面がフラットになってしまうが、インジェクションは成型の自由度が高く、より複雑な造形のワームが作れる。プラグに関しては、削って作るウッドプラグに対して、プラスチックのプラグは射出成型で生産されるので、インジェクションと呼ばれることがある。

インチ

長さの単位で、1インチは約2.54センチ。12インチが1フィートになる。バスフィッシングでは、ワームやロッドの長さをフィートとインチで示すことが多い。

インディアナブレード

スピナーベイトのブレードの1種。スピナーベイトのブレードは、長細い柳の葉のようなウィローリーフと、丸っこいコロラドブレードが一般的だが、その中間的なティアドロップ的な形状。

インレット

流れ込みのこと。基本的に酸素が多く、虫などのエサが流れてくることもあるので、バスがいる確率は高い。特に夏は水温が低くて、水質もいいことが多いので、外せないスポットだろう。

ウイード、グラス

藻のこと。基本的にウイードの周囲は水質がいいことが多く、湧水があったりする。小魚やエビの産卵場にもなるし、繁茂したウイードは魚が身を隠すのに最適な環境だ。したがってバスが潜んでいることも多く、バスフィッシングにおいては超A級のファクターでもある。

ウイードレス

ウイードエリアで使ってもウイードが引っかからないという意味。フックをウイードからブロックするガードがついているルアーは、ウイードレスタイプとされる。実際にまったくウイードが引っかからないルアーは皆無だが、中空フロッグはかなり引っかかりにくい。

ウィローリーフブレード

スピナーベイトのブレードの1種で柳の葉っぱのような細長い形状が特徴。形状的には小魚に似ている。スローに引いても回転し、そのフラッシングによるアピール度は高い。

ウェーダー、ウェーディング

水の中に立ちこんでも服が濡れないような長い長靴のこと。いわゆるチェストハイウェーダーは高さが胸まである。ウェーダーで立ちこむことをウェーディングという。

ウエイイン

トーナメントで、釣ってきたバスを検量すること。

ウエイト

重さ。釣ったバスの重さ、シンカーの重さなどに使用する。

魚ばさみ

魚体を挟んで掴むことができる、ハサミ状の道具。身体にトゲがある魚や、毒を持つ魚を一時的に確保するときに使用する。

ウォブルアクション

ルアーが頭とお尻を左右に振るアクション。

ウォブンロールアクション

ルアーが頭とお尻を左右に振るウォブリングをしつつ、同時に正面から見てボディを反復回転させるローリングも伴う、複合的アクション。ほとんどのクランクベイトはその比率の差はあるが、ウォブンロールアクションだ、

浮かす

水深が深い場所で掛けた魚を浅い場所まで、もしくは水面まで引き上げてくること。

ウキ

魚のアタリを獲る道具。その名の通り仕掛けが水中に沈んでもウキは水面に浮いており、アタリがあったときの沈み込み、もしくは微妙な動きを見てアワセを入れる。

ウキ下

ウキから釣り針までの長さのこと。この長さを調節して、魚のいるタナ=遊泳層に合わせる。

ウキ釣り

ウキを使って魚のアタリを獲る釣りのこと。

浮く

魚が遊泳層を上昇させること。水面に浮いている状態を指すわけではない。

打ち返し

仕掛けを同じ場所に何度も投入すること。

打ち込み

捨てオモリを使った、ぶっこみ式の仕掛けで行う釣りのこと。中通し式やナス型など重めのオモリと、太めの釣り糸を使って大物を狙うことが多い。沖縄ではポピュラーな釣り方。

ウッド(素材)

ルアーの素材としての木。バルサ素材もバルサウッドと呼ばれ、ウッドの一種。ウッド製プラグはプラスチックに比べて個体差がある。またトップウォーターの場合、水に絡むような動きが出やすいとされる。

ウドン(エサ)

ヘラブナ釣りで使うエサの一種。粉末状のものを水で溶き、電子レンジ等で加熱した後、専用のポンプで絞り出して麺状に形成して使う。

ウネリ

低気圧や台風など、大規模な天候悪化により発生する波のこと。風で発生した白波のように見た目の派手さはないが、海全体が大きく上下動を繰り返すので大型船でも危険を伴うことがある。

馬の背

瀬が山のように盛り上がり、両端が下がっている地形のこと。背の頂上や両端のカケアガリ部分に魚が着きやすい。

上潮

海面付近など、上層を流れる潮のこと。

うわばり、上針

上下2段で針が装着されている仕掛けの、上の針のこと。ヘラブナ釣りの仕掛けに用いられる。

上物

おもに海面付近でエサを食べようとする魚のこと。代表的な魚種としてはメジナ、クロダイなど。

上物釣り

おもに海面付近でエサを食べようとする、メジナやチヌなどの上物をフカセ釣りで狙うこと。

エイガード

ウェーディングで行うシーバスフィッシングの際に、万が一足元をアカエイの毒針に刺されても貫通しにくくしてくれる、防護服の一種。頑丈な化学繊維などで作られているものが多い。

エギ、餌木

イカ釣り専用の疑似餌のこと。おもにアオリイカ釣りに使用される。

餌打ち

ヘラブナ釣りで魚を寄せるために、練り餌を投入すること。フカセ釣りのように直接撒くのではなく、針に着けて徐々に溶かしながら拡散させるのが一般的。

エサ取り

フカセ釣りで魚を集めるために投入した撒き餌に群がってくる、対象魚以外の魚のこと。フグやベラ、ハギ類などが多い。

枝、枝ス、エダ、エダス

仕掛けのメインとなるモトスに、枝状に結ばれて針につながっている糸のこと。

エッジ

縁(ふち)や角(かど)という意味で、バスフィッシングにおいては境界線という意味合いで使われることが多い。例えばウィードが生えているエリアと生えていないエリアの境界線をウィードエッジと呼ぶ。バスは地形や地質、水深などの境界線に存在することが多く、さまざまな要素のエッジを狙うのはバスフィッシングの基本戦略だ。

エビング

久米島で行われているキハダ漁の釣法をヒントに、村越正海氏が開発したルアー釣法の一種。コマセエサにしか反応しなくなったキハダをルアーで釣るために、誘いのメタルジグと食わせのワームを併用するのが特徴。

エラ洗い

針に掛かった魚が水面からジャンプして、首を大きく振り回すことで針を外す行為のこと。ルアーフィッシングのシーバスやカジキなどで多くみられる。

エラ洗い

ブラックバスやスズキなどが釣られる際に見せる特殊な跳躍。跳ねると同時にエラブタを開き、頭を左右に振る。まるでエラを洗っているように見える。しかし、これによってルアーが外されることは珍しくない。細いラインだと、鋭いエラブタで切られることもある。

エリ

無数の杭を湖に打ち込み、アミを張った伝統的な漁具、漁法。回遊してきた魚が網に沿って泳ぐと、やがては袋小路のようになっていてエリのなかから出られなくなる。特に琵琶湖でのエリ漁は盛んだったが、最近は漁師の減少と共に減りつつある。基本的にバス釣りで稼働中のものを狙うのは禁じられている。

エリア

場所、領域、範囲。ウィードが繁茂している場所はウィードエリア、産卵場所はスポーニングエリアなどのように使う。

遠心ブレーキ

ベイトキャスティングリールのバックラッシュを効果的に防ぐための、伝統的ブレーキ機構。スプール回転の遠心力が増すほどブレーキが強くかかるので、合理的だ。

オーバーハング

水際に生える木の枝などが、ひさしのように水面上にせり出している状況。陰になっているし、夏は涼しく、虫などのエサも落ちてくる可能性が高い。バスにとって非常にいい環境だ。ただし、増水しているとルアーを入れにくい。

オーバーヘッドキャスト

タックルを上段に振りかぶり、正面に振り下ろすようなスイングで投げるキャスト法。剣道の面を打つ動作に似ている。キャスティングの基本中の基本であり、遠投にもっとも適している。

追い食い

複数の針が付いた仕掛けに魚が1尾掛かった後に、別の針にも魚が掛かること。もしくはそのように魚を誘導するテクニックのこと。

オエオエ棒

ワームをバスに飲み込まれてしまった場合、喉の奥にまで入ってしまったフックを取り外す道具。トーナメントの必需品だ。

大潮

潮の干満の差が、もっとも大きくなること。もしくはその日のこと。満月、または新月の1~2日後のタイミングで発生する。

オカッパリ、陸っぱり

岸から行う釣りのこと。

オカメ

角麩を小さく切った、ヘラブナ釣りで使う喰わせエサのこと。飲み込みやすいので、管理釣り場では使用を制限している場合もある。

オキアミ

エビに形が似ている、オキアミ目の甲殻類。海釣りでは万能エサとして、広く用いられている。

置き竿

仕掛けを投入した後、竿を手に持たずに地面に置く、もしくは専用スタンドなどに立て掛けた状態で魚からのアタリを待つこと。

沖釣り

船に乗って沖まで出て行う釣りのこと。

送り込み

魚からのアタリがあってもすぐにはアワセずに、さらにエサを食い込ませるために道糸の張りを緩める、もしくは竿を手前に下げること。

送り込む

送り込みを行うこと。

抑え込む

魚からのアタリがあった後、釣り人がアワセなくても魚がさらに仕掛けを食い込んで、竿先が曲がったまま戻らないような状態のこと。

オダ

魚やエビなどを集めるために、木の枝などを束ねて水中に沈めたもの。浮かせて使うものは浮きオダ、水中や底で使うものは沈みオダと呼ばれる。

落ち~

浅場で棲息していた魚が、晩秋に水温が下がると同時に深場へ移動すること。

落ち込み

海底や川底などで、周りの場所よりもさらに深くなっている場所のこと。

おでこ

魚がまったく釣れなかったこと。ボウズと同義語。おでこもボウズも毛がない→魚っ気がない、が由来だと考えられる。

落とし込み釣法(チヌ、沖釣り)

①防波堤の壁際に沿って、仕掛けをゆっくりと沈めてクロダイを釣る方法のこと。②サビキでエサとなるイワシやアジなどを掛けた後、船長が指示するタナまで仕掛けを沈めて、大型魚にエサ魚を食わせて釣る方法のこと。ブリ、ヒラマサ、カンパチなどの青物が釣れる。

落とし込む

仕掛けを任意のタナまで沈めること。

落としダモ

柄がない代わりにロープが取り付けられているタモ網のこと。柄の長いタモ網でも届かない、足場から水面までの距離が5m以上ある場所で使われる。垂直方向の操作しかできないので、同行者にすくってもらうのが基本。

おとり、オトリ

アユの友釣りで使う、他のアユの縄張りに侵入させるアユのこと。アユは縄張り意識が強い魚なので、他のアユが自分の縄張りに侵入しようとすると体当たりして防ごうとする。この習性を利用して、掛け針とともにおとりアユを侵入させ、体当たりして来たところで掛け針に魚体を掛けて釣るのが友釣りである。

オフショア

船に乗って行うルアーフィッシングのこと。本来は陸から海へ向かって吹く風のことを意味する。

オフセットフック

ワーム用のフックの一種。フックの根元に近い部分が2カ所直角に曲がっていて、セットしたワームが簡単にはずれなくなっている。テキサスリグ、ノーシンカーリグなど根がかりに強いとされるリグに適している。

おまつり

他の釣り人の仕掛けと、自分の仕掛けが絡まってしまうこと。ゴチャゴチャになった様が、お祭りで揉みくちゃになった様に例えられたと考えられる。

オモリ

仕掛けを沈めるのに使用する、金属製の道具。鉛がおもな素材だが、近年は環境に与える影響が少ないタングステンやスズなど、さまざまな素材が採用されている。

親潮

北海道の北東部に位置する千島列島沿いに南下して流れる海流のこと。千島海流とも呼ばれ、東北地方東岸で北上してくる黒潮とぶつかり合い、ともに東へと流路を変える。栄養分を豊富に含んだ海流で、魚を育てる『親』という意味で名付けられた。

泳がせ釣り

エサとなる魚を釣った後、背中や鼻先に針を掛けて自由に泳がせ、大型魚に食わせて釣る方法のこと。オモリを付けて強制的に海底に沈め、深場に潜む大物を狙う方法もある。

オンス

重さの単位。1オンス=約28グラム。バスフィッシングの世界では、ルアーの重さがオンスで表示されることが多い

ガード(フックガード)

根がかりしないように、フックポイントをカバーするパーツ。もっとも一般的なのが樹脂製のブラシガードで、その他ワイヤーガード、モノガードなどがある。

カーブフォール

着水した後、スプールをロックしてルアーをフォールさせること。ラインテンションがあって、ルアーはカーブを描くような軌跡でフォーリングする。主にスピナーベイトで使うテクニックだ。

カーリーテールワーム

テールがらせん状にカールしているワーム。泳がせるとテールが回転したりして、生き生きとした動きを出す。

ガイド、ガイドフレーム、ガイドリング

リールを装着する竿に搭載されている、釣り糸を通す輪のこと。竿に取り付けられている部分はガイドフレームと呼ばれ、サビにくさと剛性を優先したステンレスや、軽量化を追求したチタンなどが採用されている。また、釣り糸と直接触れる部分をガイドリングと呼び、摩擦で釣り糸が切れないようにSiCやトルザイトなど、摩擦抵抗が極めて低い素材を使用している。

ガイドフィッシング

釣り場のポイント案内や釣り方を、直接レクチャーしてくれるガイドとともに行う釣りのこと。ボートでのバスフィッシングやシーバスフィッシング、海外の釣り場などにガイドフィッシングは浸透している。

回遊

魚がある一定のコースを何度も泳ぐこと。多くの場合は単独の魚ではなく、群れによる回遊を指す。バスだけではなく、ワカサギなどのベイトフィッシュも回遊性がある。回遊するバスを釣る場合は、1か所で待ち伏せすることが多く、「回遊待ち」と呼ばれる。

回遊魚

決まった一定の場所に棲息せずに、エサとなる魚を追いかけながら潮流に乗って広範囲を泳ぎ回る魚のこと。たいていの回遊魚は大規模な群れで行動することが多い。

カウントダウン

シンキングタイプのルアーを使用するときの基本テクニック。キャストして着水したら、ルアーをフリーフォールさせながら底に着くまで頭のなかで数を数える。これがカウントダウンだ。例えば10で着底したら、今度は9の時点で巻き始めれば、底のちょっと上のレンジを引ける。5で巻き始めれば水面とボトムの中間のレンジを引ける。このように、中層のレンジ把握にも役立つし、単純にその場所の相対的な水深を知ることもできる。

かえし

釣り針が刺さった後、簡単に抜けないようにする突起部分のこと。

かかり釣り

湾内でイカダや小船に乗り、1.5mほどの短い竿とダンゴエサを使ってクロダイを釣る釣法のこと。

かけあがり(かけさがり)

海底や湖底、川底の地形に段差ができている部分のこと。流れが変化したり、魚が身を隠したりすることができるので、好ポイントとなることが多い。

掛け合わせ

魚からのアタリがあった瞬間に、積極的にアワセて魚の口に針を掛けること。

掛け針

アユの友釣りで使う、アユの魚体に掛ける針のこと。アユは縄張り意識が強い魚なので、他のアユが自分の縄張りに侵入しようとすると体当たりして防ごうとする。この習性を利用して、掛け針とともにおとりアユを侵入させ、体当たりして来たところで掛け針に魚体を掛けて釣るのが友釣りである。

カゴ

カゴ釣りで使うカゴのこと。カゴにオキアミなどの撒き餌を詰め込み、重めのウキとともに遠投して岸際まで寄ってこない魚を釣るのがカゴ釣り。

カゴ釣り

カゴにオキアミなどの撒き餌を詰め込み、重めのウキとともに遠投して岸際まで寄ってこない魚を釣る釣法のこと。おもな対象魚はブリ、ヒラマサなどの青物からマダイなど。

魚の大きさのこと。「型が良い」は、魚が大きいという意味。

片天(片テンビン)

チョイ投げの五目釣りやボートでのキス釣りなど、比較的小型の魚を釣るときに使うテンビンのこと。道糸を結び付けたワイヤーの先端部分にオモリを付け、途中から枝分かれしているアームの先端に仕掛けを付けて使う。

カッツケ

ヘラブナ釣りで、水面付近に回遊する魚を釣る釣法のこと。仕掛けが着水するとすぐにウキが立ち上がり、直後にアタリが出ることもあるので素早いアタリ獲りが求められる。

カットウ釣り

カットウバリと呼ばれる3本針で、エサに寄ってきたショウサイフグを引っ掛けて釣る釣法のこと。

カバー

ウィード、倒木、浮きゴミ、岩など、バスが身を隠しやすい変化。釣り人にとってはアプローチしにくい障壁であり、ラインブレイクなどのリスクを負いながら攻めなければいけない。より険しいカバーをヘビーカバーと呼ぶ。

カバークランキング

水中の枝や岩場など、根がかりしそうなカバーのなかに、あえてクランクベイトを通す釣り方。クランクベイトはリップが盾となり、意外にも正面のカバーには強かったりする。

カブラ

日本の伝統漁具のひとつで、魚皮や鳥毛などで装飾された疑似餌のこと。またはマダイ用テンヤの非台形タイプもカブラとよぶ。

カミツブシ

仕掛けに装着するオモリの一種。歯で噛んで潰して固定するために、カミツブシと呼ばれる。

空アワセ

魚が掛かっているか確信はないが、とりあえずアワセてみること。

ガン玉

鉛製のオモリのこと。小物のエサ釣りからルアーフィッシング、フライフィッシングなどまで、幅広い釣りに対応する。

干潮

潮が引いて潮位がもっとも低くなること。6時間ごとに干潮と満潮が交互に起こるので、1日に2回の干潮がある。

カン付き針

ハリスを結ぶための輪がある釣り針のこと。フカセ釣り用の針や、バスフィッシングのワーム用フックに多く見られる。

かんぬき

魚の上あごと下あごが重なり合った合わせ目の部分のこと。イシダイやマダイ、クロダイなどは、上あごと下あごが鋭い歯と硬い骨でできている。そのため比較的柔らかいかんぬきの部分に釣り針を貫通させないと、魚を掛けることができない。

管理釣り場

人工的に作られた池や、海、湖、河川の一部を利用して、そこに放流された魚を釣って楽しむ場所のこと。淡水ではニジマスやブラックバス、海では大規模なイケスを使った海上釣り堀がおなじみ。

キーパー

トーナメントのルールで、検量に値する最小限のサイズをキーパーサイズといい、それ以上の大きさのバスをキーパーと呼ぶ。

キープ

釣った魚をリリースせずに自分のものにすること。バスの場合はトーナメント中に釣ったバスを生けすなどに入れて生かしておくこと。トラウトなどの場合は、食べるために取っておくこともキープという。

聞きアワセ

明確なアタリはないが、何かモゾモゾとしたような違和感がある場合に、竿をゆっくりと煽って様子をうかがい聞きながらアワセること。ヘラブナ釣りやバスフィッシングなど、淡水の釣りではおなじみのアワセ方。

聞く

明確なアタリはないが、何かモゾモゾとしたような違和感がある場合に、竿をゆっくりと煽って様子をうかがい聞くこと。

キジ

釣りエサのシマミミズのこと。ちぎって釣り針に刺すときに、黄色い体液が出ることから『黄色い体液→黄色い血→黄血(キヂ→キジ)』と呼ばれるようになったという。

疑似餌

エサとなる小魚の形などを真似て作った、疑似的なエサ=ルアーのこと。イカを釣るエギも、疑似餌の一種。

キッカーフィッシュ

トーナメントで釣る、勝負を左右するようないいサイズのバスのこと。

キャスト

リールをつけたロッドで、ルアーや仕掛けを投げること。キャスティングともいう。

キャッチ・アンド・リリース

釣った魚をその場で放す行為。スポーツフィッシングの基本理念で、種族保護の意味合いも持つ。

ギャップ

シャンクからフックポイントまでの距離。

急深

急に深くなっている場所。

魚影

魚の存在のことで、濃い、薄いで表現される。「魚影が濃い」は、魚がたくさんいること。逆に「魚影が薄い」は、魚が少ないこと。

漁礁

魚を集めるために、人工的に水中に設置した建造物のこと。コンクリート製の建造物を沈めたり、時には廃船を漁礁として沈めることもある。海底にオモリを沈め、ロープを介して水面または水中に建造物を浮かせて魚を集める『浮き漁礁』もある。

魚探

魚群探知機。魚の有無だけではなく、深さがわかるのでその場所の地形や、障害物、ウィードなどまで把握できる。また、二次反射などによって、水底が硬いか軟らかいか見分けることも可能だ。最新の魚探なら、真下の情報だけではなく、前方や横方向にいる魚の情報まで察知することが可能。

港の防波堤や沖堤防などの壁際のこと。小魚を際に追い詰めて捕食する魚や、障害物に身をゆだねて棲息する根魚などが釣れやすいポイント。

食い上げ

底方向に向かって垂れ下がる仕掛けに対して、魚が水面方向に上がってくるように食い付くこと。魚から引っ張られる感覚がないので、アタリがわかりにくい。

食いが立つ

エサやルアーなど、仕掛けに対する魚の反応が良いこと。

食い込み

魚が仕掛けを口の中に十分にくわえこんで食うこと。逆に口先だけでついばむようなアタリで、釣り針に乗りにくいときは「食い込みが悪い」と表現する。

食い渋り

魚がいるのに、エサやルアーなどの仕掛けに対する反応が悪いこと。

口を使う

魚が仕掛けに食い付くこと。特にルアーフィッシングの場合は食性に由来する食いではなく、反射行動に由来する食い(リアクションバイト)を狙うこともあるので、あえて「口を使う」と表現する場合もある。

クランクベイト

ずんぐりむっくりした丸っこいボディーにリップをつけたタイプのルアー。魚そっくりと言える形状ではないが、激しくボディをゆするアクションでバスの何かを刺激して口を使わせる。このような形状のクランクベイトの元祖は1967年にフレッド・ヤングが作ったハンドメイドの「ビッグO」だとされている。その後流行したクランクベイトはノーマンのビッグN、レーベルのミニR、バグリーのバルサBなど、アルファベットをつけた名前が多かったので「アルファベット・ベイト」とも呼ばれた。アメリカではリップの付いたダイビングプラグをすべてクラ

クリーク

小川、支流。湖と湖を結ぶ水路などもクリークと呼んだりする。

グリーンパンプキン、グリパン

ワームのカラーの一種で、こげ茶色と緑を混ぜたようなアースカラー。小魚にもザリガニにも見えるので、万能的に使える。もっとも人気のあるワームカラーだ。

クリアウォーター

水が透明な水域。非常に透明な場合は、お酒のジンのように透明だということで「ジンクリア」と表現することもある。

グローカラー

ルアーに使用する夜光のカラー。夜に目立つというメリットがある。朝夕の暗いうちや、ディープウォーター、濁った水でも目立つ可能性がある。ただし、それが釣果に結びつくとは限らない。

クローズドフェイスリール

キャストする原理はスピニングリールと一緒だが、スプールは完全にリールのボディ内に収納されている。プッシュボタンを押し、キャストの際にボタンを離すと、ラインがフリー状態になってルアーが飛んでいく。簡単なので、以前は初心者用のリールとして重宝した。最近また、その価値を再評価されつつある。スピンキャストリールとも呼ばれる。

クローフィッシュ

ザリガニのこと。クレイフィッシュ、クローダッドなどもザリガニを指す。非常に栄養価が高いので、特に大型のバスが好んで捕食するとされている。ザリガニを模したワームはクローワームと呼ばれ、片方のはさみを取り除いたほうがよく釣れるという都市伝説もあった(30年前)。

クローラーベイト、ハネモノ

トップウォータープラグの1種で、基本的にセミを模したルアー。ボディの左右に金属製のウイングが装着してあり、リトリーブするとクロールのような泳ぎを見せる。もちろんセミのいる季節に強いが、セミのいない冬であっても、バスを誘い出す力を持っている。代表格はポンパドール。

クロ―ワーム

ザリガニを模したワーム。比較的大型のバスが食ってくるといわれている。テキサスリグやラバージグのトレーラーに使用することが多い。代表格はドライブクロー。

黒潮

日本列島の南岸から東岸を沿って北上する、大規模な暖流のこと。日本海流とも呼ぶ。東北地方東岸で南下してくる親潮とぶつかり合い、ともに東へと流路を変える。プランクトンが少ないため透明度が高く、青黒く見えることから名付けられた。

食わせ

魚に仕掛けを手堅く、確実に食わせること。

食わせエサ

釣り針に付けて魚に食わせるためのエサのこと。おもにヘラブナ釣りなどに使われる用語で、もう一本の釣り針には魚を寄せるためのバラケエサを付ける。

ケーソン

防波堤などの水中建造物を造る際に、基礎として用いられるコンクリート製または鋼製の箱状の構造物のこと。

消し込む

魚がエサを食った直後に走り出して、ウキが瞬時に水中へと消えてしまうようなアタリのこと。

外道

釣ろうと思っている本命以外の魚のこと。

ケミカルライト

電気を使わずに、化学反応を利用した発光体のこと。夜釣りでウキや釣り竿の穂先に装着してアタリをわかりやすくしたり、ルアーに装着してアピール力を強化したりする。代表製品としてはルミカ社製のケミホタルがある。

ケン付き針

装着したエサを抜けにくくするように、軸の部分にカエシがある釣り針のこと。シロギスやカレイなどを釣るときに使う、流線型の釣り針に多い。

高比重、低比重素材

主にワームの素材の話で使用する。高比重素材はプラスチックに塩などを混入させて比重を大きくしている素材。重いので、よく飛んでよく沈む。低比重素材は浮力が高いのでスローに落ちる。また、さらに比重の小さな高浮力素材は浮かせて水面で使ったりもできる。ボトムでは立つのでその姿勢もいい。

小潮

潮の干満の差が、もっとも小さくなること。もしくはその日のこと。

腰抜け

釣り竿が経年劣化により繊維と樹脂が剥離し、本来持っていた剛性感が失われて柔らかくなってしまうこと。

小継

全長は長いが仕舞寸法が非常に短い、コンパクトで持ち運びやすい釣り竿のこと。

小突く

水底まで沈めた仕掛けで、オモリが底に当たるような感じに小刻みに上下動を繰り返して魚を誘うこと。

こっぱ

小さな魚のこと。木っ端(木の切れ端、木くず)のように小さいという意味。

コフィンリップ

四角いリップの左右の角を面取りしたような六角形のリップ。西洋の棺に似た形状なのでこの名がつけられた。カバーにヒットした際のタッチが柔らかく、抜けがいいとされている。四角いリップよりも丈夫だ。テネシータフィーなどが代表格。

ごぼう抜き

魚をタモ網などですくわずに、一気に抜き上げること。

コマセ

撒き餌のこと。

五目釣り

種類の違う魚を5種類以上釣ること。もしくはいろんな魚が釣れることの例え。

ゴロタ、ゴロタ石、ゴロタ浜

本来は道端に転がっている丸い石を指すが、釣り用語としては海岸にある比較的大きめな丸い石のことを指す。ゴロタ石ばかりで形成された海岸を『ゴロタ浜』と言う。

コロラドブレード

比較的円に近い形状のブレード。ウィローリーフより水を押す力が強いとされている。

サーフ

大規模な砂浜のこと。

サーフェス

水面のこと。サーフェスルアーはトップウォータールアーのことを指すが、水面直下を泳ぐルアーまで含める場合もある。マイクロソフトのタブレットではない。

サーモクライン

水温躍層と呼ばれる急激に水温が変わる水深。その水温の境目にはベイトフィッシュがたまりやすく、それを狙ったバスも集まることがある。

サイドキャスト

横スイングで投げるキャスト法。ルアーを低い弾道で投げたいとき、あるいは頭上に枝が覆いかぶさっていて、振りかぶれないときに使う。また、初心者がキャストの練習をする際、スプールのリリースポイントを把握するのに有効だ。ただし、横に別の釣り人がいる際はそちらに飛ばさないよう注意が必要だ。

サイトフィッシング

見えている魚を釣ること。相手も釣り人の存在に気付いていることが多く、決して簡単ではない。一般的にはスポーニング期のサイトフィッシングとそれ以外の時期のサイトフィッシングは分けて考える風潮がある。

サウスキャロライナリグ

中通しシンカーとフックの間にスイベルとリーダーを設けて、ワームとシンカーの間に距離をとったリグ。シンカーで深い場所にまで沈ませても、ワームはノーシンカーリグのような自然な動きを出せる。また、ワームに人間が操作したような気配や違和感が伝わりにくい。重いシンカーを使う場合はヘビキャロと呼ばれる

竿一本

タナの深さや仕掛けの長さを測るときに、基準となる長さのこと。フカセ釣りやカゴ釣りといったウキを使う釣りで使われることが多く、竿の長さが約5mならば竿一本=5m。竿一本半なら7.5mになる。

竿掛け

竿を掛けておくためのスタンド。船釣り、サーフキャスティング、ヘラブナ釣りなど、釣りのスタイルや魚種に合わせてそれぞれ専用の竿掛けがある。

竿下

竿を出して届く範囲下のポイントのこと。仕掛けを投げずにそのまま下に垂らす、防波堤の釣りなどに用いられる。

竿尻

竿の根本のこと。

竿タテ

竿を立てかける、専用のスタンドのこと。サーフや防波堤の釣りなどに多く用いられる。

竿抜け

今まで誰も釣りをしていない、誰も釣りをすることができないポイントのこと。

逆さ針

アユの友釣りで、掛け針の付いたハリスをおとりアユの魚体に固定するための針のこと。

先糸

道糸と仕掛けの間に結ぶ糸のこと。ルアーフィッシングならショックリーダーのこと。

先調子

竿の穂先が先端部分の、狭い範囲しか曲がらない調子のこと。

探り釣り

探り歩きながら行う釣りのこと。釣り針とオモリ、もしくは釣り針だけという、非常にシンプルな仕掛けでやることが多い。

下げ潮

干潮に向かって流れる引き潮のこと。

下げ止まり

干潮に向かって流れていた潮の動きが止まること。ほぼ干潮状態を指す。

雑魚

小魚や商品として値が付きにくい魚のこと。

ササ濁り

若干緑色っぽく水が濁った状態を、笹の色で例えたこと。渓流釣りでは笹濁りくらいの方が、魚の警戒心が薄れて釣れやすいとされる。

サシ

釣りエサに使う、ハエの幼虫のこと。エサ専用に養殖されている。食紅で赤く染めたものはベニサシと呼ばれる。

刺し餌

釣り針に刺すエサのこと。撒き餌に対して使われる言葉。

サスペンドタイプ

フローティングでもなく、シンキングでもない、水に近い比重のルアータイプ。したがって、水中を泳がせてリトリーブを止めると、そのレンジでルアーが静止する。しかし、実際は水温や水質、ルアーのクオリティーの差によって、ピタリと静止するジャストサスペンドにならないことも多い。その場合、シンカーを張ってチューニングしたりもする。

誘い

魚からの反応が薄いときに、仕掛けを煽るように若干動かして魚からの注目を惹こうとすること。

叉長

魚の頭の先から、尾ビレの真ん中のくびれた部分までの長さのこと。魚のサイズを測るときの基準のひとつ。

サナギ

クロダイ釣りのエサに使う、カイコのサナギのこと。絹糸を作るために繭から取り出し、中身のサナギを使う。

サビキ、サビキ仕掛け

釣り針に魚皮や人工スキン、鳥毛などを巻き付けて、オキアミや小魚を模した疑似餌針による仕掛けのこと。撒き餌とともに使用するので、釣り針にいちいちエサを付けなくても魚が釣れる。

サミング

バックラッシュを未然に防ぐため、キャスト中のベイトリールのスプール回転を親指で制動すること。

サラシ

磯場に波が当たって白く泡立っている部分、またはそういった現象のこと。ヒラスズキのルアーフィッシングで好ポイントとされる。

サルカン(→ヨリモドシ)

道糸とハリスをつなぐ、金属製の仕掛け器具のこと。回転する構造なので、仕掛けが回転しても道糸やハリスがヨレるのを防いでくれる。2連結以上のものもある。

サンドバー

湖に流れ込む流入河川が砂を運んできて、河口部にそれが堆積してできあがった砂の浅瀬。通常はその先が急なブレイクになっている。

桟橋

船が着岸するために、陸から水上へ橋状に伸びた係留設備のこと。

シーアンカー

船が風を受けても、流される速度を遅くできる船舶用具。パラシュート状の用具を水中に投入し、潮の流れを受けることで抵抗を増やし、流される速度を落とす仕組み。

時合い

魚がエサをよく食べるタイミングのこと。

地磯

岸から地続きなので、歩いてアクセスできる磯のこと。

シェード

影のこと。木の影、桟橋の影などさまざまな影のなかにバスが潜んでいることが多い。バスが強い光を嫌うという話もあるが、基本的にフィッシュイーターなので小魚から身を隠すために影に入るという理由もあるだろう。夏は単純に涼しいという部分もある。

シェイク

特にワームやラバージグに使うテクニックで、ロッドを小刻みに振る演出。シェイキングともいう。

潮当たり

潮流を真正面から受ける場所、もしくは受けること。

潮表

潮流が当たる場所のこと。

潮上

潮流が向かって来る方向のこと。逆に潮流が向かって行く方向のことを潮下(しおしも)と言う。

潮変わり

潮流が満潮から干潮へ、または干潮から満潮へ変わること。または大潮から小潮、小潮から中潮へと変わることも指す。

潮だるみ

潮流の速さが緩やかになってくること、もしくは潮止まり直前の時間帯のこと。

潮通し

潮の流れ具合のこと。潮通しが良ければ魚が回遊しやすく、食い気もある可能性が高い。

潮待ち

潮が流れ始めるのを待つこと。または潮止まりの状態から再び潮が動き出して、魚の活性が上がるのを待つこと。

潮見表、潮時表、タイドグラフ

1年を通して潮の動きがわかる予定表のこと。気象庁により発表されている。

潮目

流れる方向が違う、潮と潮との境目のこと。水中では壁のような役割も果たすのでエサとなる魚が止まりやすく、魚食魚が集まりやすい場所となる。

仕掛け

魚を釣るために道糸から先に接続する、装備品を組み上げたものの総称。エサ釣りの一例なら『釣り針+ハリス+オモリ+ウキ』など、ルアーフィッシングなら『ルアー+リーダー』を指す。

地方

岸寄りの方向のこと。磯釣りなどで『地方のポイント』という表現は岸寄りの水域のことで、逆に海側の水域は『沖のポイント』と表現する。

ジギング

メタルジグを使ったルアーフィッシングのこと。船から楽しむのを『オフショアジギング』、岸から楽しむのを『ショアジギング』と言う。

ジギングスプーン

金属製ルアーの一種。スプーンほど派手なアクションではないが、スイミングさせてもいいし、ロッドをしゃくるとイレギュラーなアクションを出しやすい。素早くボトムまで落とせるのでスピーディーに探れる。

ジグスピナー

ジグヘッドにブレードをつけたタイプのルアー。脱着式のスピナーベイト的なアームを取り付けたタイプと、ヘッドに直接スイベルを装着し、それにブレードをつけるタイプもある。通常はワームのトレーラーも装着する。

ジグヘッド

フックとシンカーが1体となったリグ用の小物。ワームを装着するとジグヘッドリグと呼ばれる。フッキング性が高いので、ワームをフォーリングで食わせたり、スイミングで使う場合に選択される。

時化

海が荒れている状態のこと。

シズ

仕掛けを水中に沈めるオモリのこと。ヘラブナ釣りなどで使われる言葉。

沈み瀬

干潮時でも水面から姿を現さずに、常に水中にある岩礁帯のこと。魚が集まりやすいスポット。

沈み根

海底にあり、地上や船上からは確認できないので正体は不明だが、魚が集まるポイントとなる岩礁帯や障害物などのこと。

仕立て

遊漁船を貸し切りにすること。

下ばり

上下2段で針が装着されている仕掛けの、下の針のこと。ヘラブナ釣りの仕掛けに用いられる。

下巻き

リールの糸巻き量が巻きたい糸の量に対して多すぎるとき、嵩を増すこと。~糸で、そのために使う糸。特に、PEラインを直接スプールに巻き付けると、テンションを掛けたときにズレることがあるので、ナイロンやフロロカーボンの糸でほんの少し下巻きをしておくと防止することができる。

締め込み

魚の強い引きで、釣り竿が水中に引き込まれること。

絞める

魚の鮮度を保つために、釣ってすぐに生命を絶つこと。

シモリ

干潮時でも水面から姿を現さずに、常に水中にある岩礁帯のこと。魚が集まりやすいスポット。沈み瀬と同じ意味。

ジャーク

ルアーを引く際、リールを巻く動作ではなく、ロッドを長めのストロークで動かす演出法。ジャーキングともいう。

ジャークベイト

ジャーキングさせて使うルアー。一般的にはミノータイプのルアーを指す。

ジャイアントベイト

いわゆるビッグベイトのなかでも、ひときわ大きいタイプの呼び名。明確な定義はないが、全長30センチのビッグベイト「マザー」が注目され、 23センチの「ジョインテッドクローマグナム」や、25センチの「スライドスイマー250」の登場辺りから使われ始めた言葉なので、全長20センチ以上、自重4オンス以上のものがジャイアントベイトの目安ではないだろうか? 「全長30センチ以上」が目安だとする意見もある。

尺上

魚の長さを表現する言葉で、尺(約30.3cm)を超えるサイズのこと。渓流釣りなどで使われる言葉。

シャクリ

釣り竿を使って、仕掛けを上方向に勢い良く引っ張り上げること。アオリイカを釣るエギングでは、エギを動かすことを「シャクリを入れる」と表現する。

シャッド(ハードルアー)

アメリカやヨーロッパに生息するニシン科の平べったい魚の名前で、それを模して作られたルアーもシャッド、あるいはシャッドクランクと呼ぶ。基本的に扁平ボディのクランクベイトで、比較的ミノーに近いものもある。

シャッドテールワーム

小魚のような形状で、一番後ろのテール部分が水を受けやすいよう、独特の形で広がっているワーム。水平方向に泳がせて使うことが多く、ジグヘッドリグやノーシンカーリグで使われることが多い。

じゃみ

ヘラブナ釣りに使われる言葉で、エサを獲ろうとするヘラブナ以外の魚のこと。

ジャリメ

海の釣りエサに使われる、多毛類動物の一種。アオイソメと比較すると若干小振りで、細く柔らかいのが特徴。海の小物釣りにおける万能エサのひとつ。石ゴカイのこと。

シャロ―

水深の浅い場所。

シャロ―クランク

潜行能力が浅いクランクベイトのこと。明確な定義ないが、潜行能力は1.5メートル前後までが目安だろう。構造的にはラインアイがボディから出ているものが多い。

重心移動システム

キャスティング時にルアー内のウェイトが後方へと移動し、重心が後ろに寄るために飛距離が伸びるという、ルアーの構造。なかでも着水後は磁石で前方にウェイトを固定するというシステムは、日本のシーバス用ルアー「K-TEN」がその元祖であり、合理的な重心移動システムとしても草分け的存在だ。

浚渫跡

湖底の堆積物や土砂を取り除く工事を浚渫(しゅんせつ)という。その浚渫工事によって深く掘られた穴のことを浚渫跡と呼ぶ。深さが急激に変化したり、複雑な地形になっていたりするので、釣れる確率の高いポイントだ。

ショア

岸のこと。岸釣りのことをショアフィッシングと呼んだりもする。

ショアジギング

岸からのキャスティングで楽しむジギングのこと。

ジョイント

プラグのボディをふたつに分けて、それを金属パーツでつなげたルアー構造。ジョイント部が動くので、艶めかしいアクションを出せる。代表格はジョイントラパラ。

消波ブロック

堤防に打ち付ける波を緩和するための、コンクリート製の構造物のこと。河川の護岸を守る役割としても使われている。

ショックリーダー

ルアーフィッシングにおけるキャスティング、またはフッキングの際に、メインラインに掛かる急激な負担を和らげるために先端に結束されるラインのこと。根ズレや鋭い歯によるラインブレイクを抑制する役割も果たす。

シラサエビ

関西を中心に使われている釣りエサのこと。淡水テナガエビの一種だが、汽水にも適応できるので海釣りのエサとしても広く用いられる。

シンカー

オモリのこと。主にワームのリグに使用する。バレットシンカー、ネイルシンカー、ダウンショットシンカーなどさまざまな種類がある。

シンキングタイプ

水中に沈んでいくルアーのタイプ。引き始めるとレンジを徐々に上げてくる。

シンキングプロップベイト

ボディの前後両方か、どちらか一方にプロペラがついていて、リトリーブするとそれが回るシンキングルアー。微細な波動でバスを誘惑する。代表選手はスクリューベイト。

シングルウィロー

ブレードがウィローリーフ1枚のスピナーベイト。

シングルフック

針が1本しかついていないこと。例えばスピナーベイトは普通シングルフックだ。

新子

その年に生まれた稚魚のこと。

ジンタン

カミツブシオモリの一種。森下仁丹から発売されているタブレット『仁丹』に、大きさが似ていることに由来すると思われる。

振動子、トランスデューサー

魚群探知機のパーツで、湖底に音波を発してその跳ね返ってくる音波を受け止める機器。

シンペン、シンキングペンシル

おもにシーバスフィッシングで多用されるルアーの一種。細長い鉛筆状のボディは沈む設定で、リールを巻くことでフラフラとテールを振ってアピールする。

河川上流から流されてきた砂が堆積して、頂上部が水面から出ている地形のこと。

水中ウキ

水中に沈めて使うウキのこと。仕掛けを素早く任意のタナまで沈めるオモリ的な役割や、潮に乗って仕掛けを流すナビゲーター的な役割も果たす。

スイッシャー

トップウォータープラグの1種で、ボディの前後かどちらか一方にプロペラがついている。弱った小魚を演じるのが得意だ。トップだけではなくシンキングタイプも存在する。へドンのダイイングフラッターが代表格。

水平フォール

エギの水平姿勢を保ちながら進行方向に引っ張ることで、よりゆっくりとしたフォールスピードでアオリイカを誘うこと。

スイベル

サルカン、ヨリモドシのこと。ボールベアリングを搭載して回転性能を高め、スピナーベイトまたはテールスピンジグなどのようにルアーの一部に用いるボールベアリングスイベルなどもある。

スイムベイト

ワーム素材でできたビッグベイト。多くの場合、テールはシャッドテールで、ボディーにはトリプルフックがついている。基本は中層を一定速度で引いて使う。デビルスイマーが代表格。

スカッパノン

ワームのカラー名で、暗めの赤紫色。アメリカの南東部で栽培されている、ワインを作るための琥珀色のブドウを意味する。

スカリ

水中に入れて使う、釣った魚を生かしておくための網状の袋のこと。入口はヒモで縛れるようになっていて、魚が逃げられない構造になっている。

スキッピング

ルアーのキャストテクニックのひとつで、ルアーを石投げの水切りのように水面で跳ねさせて飛ばす方法。極めて低い弾道で飛ばせるので、ルアーをオーバーハングの下などに送り込みやすい。

スクール

群れのこと。多くの場合バスの群れを指す。

スクエアリップ

四角い形状のリップ。

スタック

水底の障害物などにルアーが引っかかること。

スタンプ

木の切り株。バスが付きやすいカバーのひとつ。

ステイ

その場にとどまること。バスが同じ場所にしばらくとどまっている状態や、サスペンドタイプのルアーを静止した際にも用いる言葉。

捨て石

防波堤や護岸を建造する過程で水中に設置された石、またはコンクリートブロックのこと。魚の付き場となり、好ポイントである可能性が高い。

捨て糸

オモリと仕掛けをつなぐ糸のことで、水底に根掛かりしたときに強く引っ張ると捨て糸が切れてオモリだけが水底に残り、仕掛けは救出できる仕組み。

ステインウォーター

笹濁りの水。濁った水は「マッディウォーター」と呼ぶが、それはかなり激しい濁りを指す。濁ってはいるけれどそれほどひどくはない状態の水がステインウォーター。

捨てオモリ

捨て糸に結ばれたオモリのことで、水底に根掛かりしたときに強く引っ張ると捨て糸が切れてオモリだけが水底に残り、仕掛けは救出できる仕組み。

ステディリトリーブ

リールを一定の速度で巻くこと。

ストライク

魚がルアーを噛んでくる行動。アタリ、バイト。

ストラクチャー

湖などで、特に魚の行動に影響を与えるような、底の形状の変化。日本語ではよく「構造物」「障害物」と訳されていて、どちらかというとウィードなどのべジテーションを除いたカバー全体を指すことが多い。

ストリンガー

釣った魚を生かしたままつないでおく道具のこと。ヒモの先に大きなスナップが接続されていて、魚のエラに通してつないでおくのが一般的。

ストレートフック

シャンクがオフセットされていなくて、まっすぐなフック。フッキングの力が伝わりやすいとされているが、その半面、ワームがずれやすいというデメリットもある。

ストレートワーム

細長いミミズのような形状のワーム。あらゆるリグに使える。

ストロングパターン

その時、もっともよく釣れて、再現性の強い釣り方。

スナッグレス

スナッグとは水のなかのブッシュや木のこと。それに根がかりしないことをスナッグレスという。

スナップ

ルアーをスピーディーに交換できる金属製の脱着パーツ。

巣離れ

春先に水温が上昇することで、魚が浅場やカケアガリ周辺を回遊すること。ヘラブナ釣りに使われる言葉。

スパンカー

釣り船のマストに掲げる、三角状の帆のこと。ここに風を受けることで、船首を常に風上に向けることができる。

スピナーベイト

ブレードとフック付きのヘッドをV字型の鋼線でつなぎ、ラバースカートを装着したバスフィッシング特有のルアー。あまり小魚には見えないが、カバー回避能力に優れていて、ブレードのフラッシングとヘッドのバイブレーションでバスの本能を刺激する。

スピニングリール

リールの1種で、キャスト時はスプールを回転させずに、ラインをコイル状に放出させるのが特徴。バックラッシュはしないが、糸ヨレなどのトラブルはある。バスフィッシングにおいては、8ポンド以下の細いラインを使う釣りに使用することが多い。

スプール

リールに装備されている糸巻き用のパーツ。

スプーン

食事用のスプーンから柄を除いたような形状の金属製ルアー。ルアーの草分け的存在で、ゆらゆらとしたアクションと光の反射が特徴。

スプリットリング

アイとフックなどをを接続するパーツで、二重に重なり合った金属製リング。

スポーニング

産卵のこと。バスは、バスの産卵は大きく3つの時期、プリスポーン、スポーン(ミッドスポーン)、ポストスポーンに分けて考えられている。

スポーニングベッド

メスのバスが産卵のために使う産卵床。作るのはオスのバス。

スポット

場所。日本ではポイントということが多いが、ポイントは岬を意味する。

ズル引き

そこまで沈めたルアーを、水底に当てながらずるずると引くこと。ワームの基本的アクション。

スレアタリ

泳いでいる魚が仕掛けに触れることで感じるアタリのこと。仕掛けに食い付いたアタリではないので、針掛かりはしていない。

スレ掛かり

泳いでいる魚の魚体に釣り針が掛かってしまうこと。通常の口掛かりより引きが強い。

スレ針

カエシのない釣り針のこと。カエシがないので刺さりやすく、魚体にダメージを与えにくい。ヘラブナ釣りや、ルアーフィッシングの管理釣り場で使われることが多い。

スレる

魚が釣り人の存在に気づいたり、ルアーが偽物だと見抜いて釣れなくなる状態。また、釣り針が口以外の場所に刺さることも「スレる」とか「スレがかり」と呼ぶ。

スロージギング、スロージャーク

メタルジグをゆっくりと動かし、遊泳力が劣る根魚や活性の低い魚、スレた魚なども釣ることができる釣法のこと。

スローテーパー

ロッドが胴調子になるような、ブランクスのなだらかな太さの変化。トップウォーター用のロッドに多い。スローテーパーは一般的に投げやすく、乗りがいいとされている。

スロープ

ボートを釣り場に降ろしたり、揚げたりするための傾斜。バスを釣るための好スポットになることもある。

スローリトリーブ

リールをゆっくり巻くこと。

スローロール

リールをゆっくり巻くこと。スローリトリーブ。特にスピナーベイトのテクニックとして耳にする言葉でもある。それは3/4オンス以上の重いスピナーベイトをボトムまで落として、とにかくゆっくり巻くテクニック。このスピナーベイトのスローロールは、ディープウォーターでの切り札になることがある。

水底の一部が盛り上がって、浅くなっている地形のこと。流れが当たり、瀬の部分だけ波立っていることで判断できる。

瀬渡し

歩いて渡れない離れ磯や沖堤防などに、船で渡してもらうこと。

船外機

ボートの外側に取り付けるエンジン。

束釣り

釣果が100尾を超える釣りのこと。かつて野菜や稲などを10まとめたものを一把(いちわ)と呼びし、さらにそれを10まとめたもの(10×10=100)を一束(いっそく)と呼んでいたことに由来する。

底荒れ

海が荒れることで海底の堆積物が巻き上げられ、魚の食いが悪くなっている状態のこと。

底潮

海底付近を流れる潮のこと。

底立ち

海底に仕掛けを着底させること。またはおおよその水深を測ること。

底タナ

海底付近に魚がいること。もしくはその水深のこと。

底釣り

仕掛けを水底まで沈めて釣る釣法のこと。

底どり

海底に仕掛けを着底させること。底立ちと同義語。

底物

海底に棲息する魚のこと。磯釣りではイシダイ、イシガキダイなどを指す。

底を切る

着底させた仕掛けを、底から浮かせること。

ソフトルアー・ベイト

軟質プラスチックで作られたルアー。通常はワーム全般を指すが、中空フロッグなども含まれる。

ソルトイン、ノンソルト

ワームの素材のなかに塩が混入されているものがソルトイン。混入されていないものがノンソルト。ソルトインのほうが比重が大きいので重い。ソルトインはバスが噛んだ時に塩味がにじみ出るので、放されにくいという説もある。

ダータ―

トップウォータープラグの一種で、ロッドをジャークさせると水のなかに頭を突っ込んで潜る。そして止めると後方にスライドして浮き上がる。代表格はへドンのラッキー13。

ダートアクション

切れ味良く左右に向きを変えながら、横走りするようなアクション。ミノーでトゥイッチングした時に出やすいアクションだ。

タイコリール

太鼓型をした、クロダイの落とし込み釣り専用リールのこと。

タイダルリバー

潮の干満の影響を受けやすい川の釣り場。川の下流部がタイダルリバーであることが多いが、以外に上流まで影響が及んで来る川もある。

タイトアクション

ウォブリングやローリングなどの動きで、左右の振り幅が狭いアクションのこと。タイトアクションのほうがリトリーブ感が軽い。

タイトアクション

ルアーのアクションで、左右の振り幅が狭いアクションのこと。多くの場合ピッチが速い動きになっている。

ダイビングペンシル(青物)

マグロやヒラマサなど、大型青物を釣るための大型トップウォータールアーのこと。通常、トップウォータールアーは水面で浮かせながら使用するが、ダイビングペンシルはアクションさせる度に水中へとダイブさせて使用する。

ダウンショットリグ

ワームを結んだ余り糸をリーダーとして、その先端にシンカーを装着したリグ。村上晴彦氏が「ツネキチリグ」として考案し、バスブームだった90年代後半に一世を風靡。元々アメリカに類似のリグはあったが、日本でのブレイクによってアメリカでも人気が出た。シンカーよりもワームのほうが手前に位置するのでアタリがわかりやすく、底から少し浮いたところにワームが漂う点も大きな特徴だ。ダウンショットリグという呼称は障害物にシンカーをタッチダウンして使うことから命名されたという。

高切れ

仕掛けのハリスが切れずに、道糸から切れてしまうこと。

タコエギ

タコ釣専用のエギのこと。カンナやオモリの形が、アオリイカ用のエギと異なる。

タコジグ

タコ釣り専用のルアーのこと。堤防の岸壁沿いに落として、上下動を繰り返して誘う。

たち、立ち

釣り場の水深のこと。 例>ここは15メートル立ち(だち)だから。

タックル

釣り道具全般のこと。あるいはロッドとリールのセットのこと。例)ベイトタックル。

タナ

狙っている魚がいる泳層のこと。

タナ取り

狙っている魚がいる泳層に、仕掛けを合わせること。

タフ

釣るためには厳しい状況。魚に食い気がない状態。釣りにくいことをタフコンディションともいう。

ダブルウィロー

ウィローリーフ2枚を装備したスピナーベイトのタイプ。小魚の群れのようなフラッシングが存在をアピールする。

ダブルフック

2本がワンセットとなったフック。トリプルフックのうちの一本を折って取り除いたくらいの角度で並んでいる。特にトップウォータープラグと相性がよく、フックをダブルフックにすると、障害物回避能力が格段に上がり、カバーの奥を狙えるようになる。中空フロッグにも向いている。

玉網

釣った魚を取り込む柄の付いた網のこと。淡水魚用に使う柄の短いものから、海釣りで足場が高い場所で使う柄が長く伸びるものもある。

玉の柄

玉網に装着する、柄の部分のこと。足場の高い磯釣り用は、最大5mほどまで伸びるものもある。

ダムサイト

ダム湖の水をせき止めているダム本体付近。大規模なダム湖の場合は立ち入り禁止になっていることが多い。

タメ、ためる

釣り竿の反発力を活かして、魚の強い引きを耐えること。

タモ、タモ網

釣った魚を取り込む柄の付いた網のこと。淡水魚用に使う柄の短いものから、海釣りで足場が高い場所で使う柄が長く伸びるものもある。玉網と同義語。

タモ入れ

釣った魚をタモ網に入れること。

たらし

投げ釣りやルアーフィッシングのキャスティングのときに調整する、竿先から仕掛けの先までの釣り糸の長さのこと。

たるませ釣法

カワハギ釣りの釣法のこと。胴突き仕掛けのオモリを着底させた後、中オモリを着底させない程度に仕掛けを上下にたるませて誘う。

タングステン

主にワーム用のシンカーとして使われている素材。かつては鉛が中心だったが、水中に残された場合の毒性が問題視され、10数年前からこちらが主流になってきた。鉛より重いのでサイズも小さくて済むし、非常に硬いので感度が抜群にいい。ただし、レアメタルと呼ばれる希少金属なので、価格は高い。

ダンゴ

クロダイ釣りのダンゴ釣りに使う、付け餌の周りを撒き餌で固めてダンゴ状にしたもの。集魚効果があると同時に、付け餌をエサ取りに食われにくいという効果もある。

タンデムウィロー

コロラドブレード1枚とウィローリーフブレード1枚を組み合わせたスピナーベイト。バランスがよく、スロー引き、早引き共に得意とするので、もっともポピュラーなタイプとなっている。

チェイス

魚がルアーを追いかけてくること。

力糸

投げ釣りの際にオモリの負荷で仕掛けが切れることを防ぐ、道糸の先に結ぶ太くてクッション性のある糸のこと。

チチワ

述べ竿の穂先(リリアン部分)に道糸を結び付けるための、8の字結びによる輪のこと。結び付けやすい一方で、取り外しも簡単。

血抜き

釣った魚を持ち帰るとき、鮮度を保つためにエラや動脈を切断して血を抜くこと。

チモト

釣り針の釣り糸を結び付ける部分のこと。

チャーターボート

遊漁船を貸し切りにすること。仕立て(船)と同義語。

チャート、チャートリュース

黄色の一種でプラグ、ワーム共に定番中の定番色。メーカーによってその色合いにはかなり幅があるが、緑がかったレモンイエローというのが近い。名の由来はフランス製のリキュール。派手な色に見えるが、水中では意外なほどナチュラルに見えることがある。

チャンネル

川や水路のこと。バスフィッシングの場合はダム湖などの底の地形で、かつて川底であった痕跡を意味することも多い。周囲より一段深くなっていて、その湖の最深部になっていることもある。

チャンピオングリップ

フェザーウェイト社製ベイトキャスティングロッド用グリップ。かつてはスーパーストライカーに標準装備されていて、フジのラバーグリップと人気を二分していた。金属製で重いが、圧倒的な握りやすさとオールドアンバサダーとの相性の良さが抜群なので、現在もトップウォータースタイルのアングラーには絶大な人気を誇る。オリジナルは廃版となっているが、レプリカなどさまざまな亜種を生み出して、ある意味文化となっている。

チューブワーム

中空で、後ろ半分が無数の足のように切り分けられたワーム。その形状がイカににていることからスクイッドルアーとも呼ばれる。高い浮力と回転して落ちるスパイラルフォールが特徴。水中で見ると、思いのほか小魚に似ている。実は小魚も後ろ半分にひれが集中していることが多く、チューブの足がひれに見えるのだ。90年代前半には絶大な人気を誇ったが、現在は人気薄。

中層、宙層

水中で表層と水底の間の層のこと。

宙づり

宙層を狙う釣りのこと。

ちょい投げ、チョイ投げ

漁港の防波堤など、気軽にアクセスできる場所から20~30m程度の距離まで、仕掛けを投げて楽しむ釣りのこと。

釣果

魚が釣れた結果のこと。

チョウチン、チョウチン釣り

①竿の穂先からウキまでの釣り糸の距離が、とても短い仕掛けを使う釣りのこと。ウキが穂先にぶら下がっている状態が、チョウチンのように見えることから名付けられた。②バスフィッシングでは意図的にルアーを木の枝などに引っ掛けて、上下動させて水面でアピールする釣り方のこと。

チョン掛け

針先にエサ、またはワームの先端を引っ掛けて装着すること。

ツ抜け

魚を10尾釣ること。1~9尾は『ひとつ』~『ここのつ』と、末尾に必ず『つ』が付くため、10尾釣って『とう』となれば、末尾に『つ』が付かなくなることに由来する。

ツノ、角

日本古来から漁業で使われている、動物のツノや骨で作られた疑似餌のこと。現代でも小~中型の青物釣りに使われている。

釣り座

釣りをする場所のこと。もしくは船釣りで座る場所のこと。

テーパー

ロッドの根元から先端にかけての太さの変化。スピナーベイトのアームにもテーパーがかかっているものがある。

テーパーライン、テーパーリーダー

①先に向かって徐々に細く、もしくは徐々に太くなっていく釣り糸のこと。両端に向かって徐々に細くなっていく釣り糸もある。フライフィッシングに用いられる。②投げ釣りの際にオモリの負荷で仕掛けが切れることを防ぐ、道糸の先に結ぶ太くてクッション性のある糸のこと。力糸と同義語。

テールスピンジグ

鉛などのヘッドにブレードとフックがつけられたルアー。代表格はリトルジョージ。

ディープ

深い場所。

ディープクランク

深い場所まで潜るクランクベイト。明確な定義はないが、3.5メートル以上潜るものはディープクランクと呼ばれることが多い。多くのディープクランクはリップが大きく、そこにラインアイがついている。最近流行のマグナムクランクは、形状こそシャロークランクだが、4メートル近く潜るものもあり、ディープクランクに含めるかどうか判断が難しい。

ディープランナー、ディープダイバー

深いレンジまで潜るルアー。ディープクランクも含まれるが、ロングビルミノーや潜行能力の高いシャッドもこれに含まれる。

ティップ

ロッドの先端部。穂先。

ティップランエギング、ティップエギング

船からエギを使ってアオリイカを釣る釣法のこと。専用のエギを垂直方向に沈めて中層を探る。アオリイカからのアタリがあると、エギの重さで持たれ込んでいたティップが跳ね上がる。この跳ね上がる動作を『RUN』と表現したことから、ティップランと名付けられた。

ティンバー

立ち木。特にダム湖に多く、もともと山だったところに生えていた樹木が水没して、釣りの好スポットになる。

手返し

繰り返し行う動作のこと。一連の動作がスムーズに行えることを「手返しが良い」と表現する。

デキ

その年に生まれた幼魚のこと。当歳魚と同義語。

テキサスリグ

もっとも一般的なリグ。バレットシンカーと呼ばれる円錐形の中通しオモリをラインに通し、ラインの先端にはフックを結んでワームをセットする。フックはワームがずれにくいオフセットフックを使用するのが主流で、バレットシンカーを完全なフリーにはしないよう、シンカーの手前にストッパーをつけるのが一般的だ。カバーの釣りに強く、使うワームを選ばない。

テトラ

数ある消波ブロックの中の、登録商標のひとつ。消波ブロックの代名詞として用いられる。堤防に打ち付ける波を緩和するための、コンクリート製の構造物のこと。河川の護岸を守る役割としても使われている。

手のひら

手のひらの大きさと同等の魚のサイズのこと。「手のひらサイズ」などと表現される。

テレスコピック

振り出しロッドのこと。バスロッドには2種類あって、根元の部分だけが1段階のテレスコピックになっているタイプと、多段階に振り出して、収納時は非常に短くなるタイプがある。前者はフリッピングロッドなど、極めて長いロッドをちょっと短くするための工夫であり、硬いロッドが多い。後者は携帯性が抜群だが、硬いアクションのものに強度を持たせるのが難しく、軟らかいアクションのロッドが多い。

天井糸

渓流用の延べ竿などの穂先に、釣り糸が絡むことを抑制するための編み込み糸のこと。穂先から10cmほど結び、その先に道糸を結ぶ仕組み。

電動ジギング

電動リールを使ったオフショアジギングのこと。100m超の深海を狙うジギングでは水圧が強く、メタルジグをシャクるときの身体に掛かる負荷が異常に大きい。これを解消するために、シャクリを電動リールの巻き上げで行う。

電動リール

電気の力で釣り糸を巻き上げるリールのこと。電源は充電式のバッテリーを使用する。

天然湖、ナチュラルレイク

ダム湖のように人間が作った湖ではなく、自然が作った湖。代表格は芦ノ湖、琵琶湖、霞ヶ浦など。

テンパウンダー

10ポンド(4.54キロ)以上の重さがあるバス。特にアメリカではひとつの節目となる重さだ。

テンビン

おもにエサ釣り仕掛けに使う、針金製の釣具のこと。投げ釣り用テンビンや船釣り用テンビンなど、さまざまな種類がある。

テンヤ

オモリと釣り針が一体化した仕掛けのこと。マダイ用のひとつテンヤやタチウオテンヤ、タコテンヤなど、魚種に合わせて専用のモデルがある。

トーナメント

釣りの大会。多くの場合、バストーナメントは定められた数を上限としたバスをボート内の生けすに入れ、最後に検量して勝ち負けを決める。

トゥイッチ

ロッドの先を、鋭く、ショートストロークで、連続的に動かすテクニック。特にミノーで使うことが多く、軽く左右にダートしてくれる。

当歳、当歳魚

その年に生まれた稚魚のこと。デキと同義語。

胴調子

胴部分から曲がる、釣り竿の曲がり方=調子を表す言葉のこと。

胴突き

オモリが一番下にあり、その上の幹糸にエダス+釣り針が装着されている仕掛けのこと。

胴の間

釣り船の左右中央部分、またはそこにある釣り座のこと。

通し刺し

ミミズやイソメなどの細長いエサに、頭から尻尾まで釣り針を刺すこと。

年なし

年齢がわからないくらい、大きな魚のこと。クロダイ釣りでは50cmを超える魚のことを指す。

渡船

離れ磯や沖堤防など、徒歩で渡れない釣り場まで渡してくれる船のこと。

ドッグウォーク

主にペンシルベイトが、左右に首を振りながら水面を泳ぐようす。ドッグアクション、ウォーキング・ドッグとも呼ばれる。トップウォーターのもっとも基本的な演出法だ。

トップウォーター

水面で動かして釣るルアー。突然水面が割れ、バスが飛び出して食うので、極めてエキサイティングだ。それゆえにトップウォーターだけに限定してバス釣りを楽しむ人たちも多い。

どてら、どてら流し

風や潮流にまかせて釣り船を流すこと。

飛ばしウキ

軽い仕掛けを沖まで投げるときに使う、大型で重いウキのこと。基本的には浮くので、表層の釣りで使用する。

ドバミミズ

大きくて太いミミズのこと。木材置き場=土場(ドバ)で獲れることから、ドバミミズと呼ばれる。

ドブ釣り

鮎釣りの釣法のこと。毛針とオモリを使って、清流の深場やよどみを流しながら釣る。

トモ

釣り船の船尾、またはそこにある釣り座のこと。

ドラグ

魚とのファイト中でリールを巻いていても、ある一定の負荷がかかると巻き取りをやめて、ラインが出ていく機構。突然強い負荷がかかってもラインの切れを防ぐ。

ドラッギング

エレクトリックモーターの速度でルアーをトローリングすること。トーナメント中のドラッギングは、投げて、ボトムの落ちるまでのラインの長さを上限としていることが多い。

取り込み

釣れた魚を陸に上げる、または船の上に上げること。

鳥山

表層を移動する魚の群れを狙う、鳥の群れのこと。

トレーラー(ルアー)

ラバージグや、スピナーベイトのフックに装着するワーム。

トレブルフック、トリプルフック

3本のフックが一体化したルアー専用のフック。プラグと呼ばれるハードルアーは通常トリプルフックを使っている。

トローリング

ルアーを船で引っ張りながら、魚を表層に浮かせて釣る釣法のこと。海のカジキ釣りや、湖のマス釣りなどがある。

とろろ

ヘラブナ釣りのエサで使う、昆布を原料とした粘りのあるエサ。吸い込みがよく、飲み込みやすいので管理釣り場では制限されていることがある。

ドン深

岸際からいきなり深い地形になっていること。

ナイロン

釣り糸の素材のひとつ。しなやかで、扱いやすく、伸びがあるので衝撃に強い。浮力が高くトップウォーターに適している。長らくバス用ラインのメイン素材として君臨していたが、90年代にフロロカーボンラインが登場してからは、強度と感度に劣るため、その地位を奪われた。

中潮

大潮と小潮の中間くらいにある潮のこと。

長潮

潮の干満の差が、もっとも小さくなること。もしくはその日のこと。変化が少なく、そのままの状態がダラダラと長く続いているように見える。

流し釣り

①風や潮流にまかせて船を流しながら行う釣りのこと。②釣り竿を河川の上流に振って、道糸を張った状態で仕掛けを下流に流す釣りのこと。道糸の長さいっぱいまで下流に流したら、再び上流に振って流すを繰り返す。

中通し竿、インターライン

釣り糸を通すガイドが装着されていない代わりに、空洞になっている竿の中に釣り糸を通して先端から出す方式の釣り竿のこと。磯釣り用の竿や、アオリイカ用のエギングロッドなどに採用されている。

海上で無風状態のこと。

泣き尺

1尺(30.3cm)にギリギリ届かないサイズの魚のこと。

投げ釣り

仕掛けを遠投して、沖にいる魚を釣る釣法のこと。一般的にはキス釣りなど、100m以上の距離を投げる釣りを指す。

ナチュラル

天然であること。ルアーが作り物ではなく、天然の生物に見えるような色だったら、ナチュラルカラーと呼んだりする。

ナブラ

エサとなる小魚が大型魚に追われて、水面で水しぶきを上げながら逃げている状態のこと。

ナライ

北風のこと。

二枚潮

上層と下層で、それぞれ違う方向に流れる潮のこと。

海底にある岩礁帯や障害物のこと。魚が集まるポイントになる。

ネイルシンカー

ワームのなかに埋め込むタイプのシンカー。多くの場合、棒状で先端が尖っている。

根がかり

水底に仕掛けが引っ掛かってしまうこと。

根魚、ロックフィッシュ

海底にある根周りを、おもな棲み処にする魚のこと。

ネコリグ

ワームの先端ではなく、どてっぱらにフックを指し、さらにワームの先端部にネイルシンカーを埋め込んだリグ。少ない移動距離で非常になまめかしいアクションを出せる。村上晴彦氏が考案し、その絶大なる効果で定番化した傑作リグだ。ストレートワームに適している。村上氏はまだ出演初期の取材中、このリグを隠したいために、ツネキチリグ(ダウンショットリグ)を公開。ところがそのツネキチリグが大ブームとなった。

ネスト

産卵床、スポーニングベッドのこと。

根ズレ

釣り糸が海底の根に擦れること。

ねむり針

針先が内側に向いている釣り針のこと。釣り針が魚に飲まれてものどの奥には掛かりにくく、口元には掛かりやすい。

練餌

水を加えて、練って固める釣りエサのこと。

ノーシンカーリグ

シンカーを使わず、フックにワームをセットしただけのリグ。スローにフォールして、自由に動かせて、根がかりもしにくい。かつてはシンカーがないからキャストしづらいとされていたが、現在は重い高比重ワームが台頭し、タックルも進化したので、むしろキャストしやすいリグに分類される。

野池

池のこと。主に農業用のため池を指す。

ノイジー

トップウォーターのなかでも、クローラーベイトのようなリールを巻くだけで派手なアクションと音を発するタイプのルアーを、ノイジータイプと呼ぶ。代表格はジッターバグ。

納竿

その日の釣りを終わりにすること。

伸される

掛かった魚の力が強過ぎて、竿やハリが真っすぐに伸ばされてしまう様子のこと。

野締め

釣り上げた後、死んでしまった魚の血を抜いたり、内臓を取ったりすること。

乗せる

釣り竿を通して魚の重みを感じながら、釣り竿をゆっくりと大きく煽ってアワセること。

乗っ込み

魚が産卵を目的に、水深が浅い場所に大挙して押し寄せること。

ノット

ラインの結び方。

ノベ竿

リールを使わずに、竿先に道糸を結んで使う釣り竿のこと。

乗合船

知り合いや仲間ではない釣り客が、複数乗って楽しむ釣り船のこと。

のる

魚が釣り針に掛かり、魚の重さで釣り竿がしなること。

バーサタイル

用途が広い、多目的なという意味。主にバスロッドの特徴を説明するときに使う語で、汎用性が高いことを意味する。

バース

船を係留する施設のこと。1隻の船を係留する範囲のことを1バースと呼ぶ。

バーチカル

意味は垂直。特にディープなスポットを釣るときに、ボートの真下に仕掛けを落として、垂直に釣ることをバーチカルフィッシングと呼ぶ。

ハードルアー、ハードベイト

クランクベイトなどのプラグ、スピナーベイトなどのワイヤーベイトなど、ワーム素材ではなく硬い素材でできたルアー。一般的にワームで釣るより、ハードベイトで釣ったほうが自慢できる。

バーブ、バーブレス

バーブとはフックのカエシのこと。バーブレスとはカエシのないフックを意味する。バーブレスフックは魚がバレやすいと思われがちだが、一概にそうとも言えない。刺さりは抜群にいいし、バスへのダメージも少ないので、メリットは少なくない。

パーミング

ベイトタックルのリールの部分をハンドルとは逆側の手で包み込むように持つこと。タックルの一番重い部分がリールなので、こう握ると安定するし、リーリングもしやすい。リールが大きいとパーミングしにくいので、ベイトリールは背を低くするロープロファイル化が進んだ。

場荒れ

ひとつの場所に連日のように釣り人が入れ代わり立ち代わり入ってくることで、釣り場が荒れ気味になり魚が少なくなること。

配合エサ

フカセ釣りで魚を集めるために投入した撒き餌に群がってくる、対象魚以外の魚のこと。フグやベラ、ハギ類などが多い。

バイト

魚がルアーを噛むこと。アタリ。

バイブレーション

リップがなく、薄いボディの薄い面に水を受けてアクションするルアー。多くの場合、シンキングタイプだ。アクションが細かい振動なのでバイブレーションプラグと呼ばれる。空気抵抗を受けやすいリップがないし、重いので遠投するのに適している。かつては大量にラトルを入れたタイプが主流だったが、現在はラトル音も使い分けるし、ノンラトルも欠かせない存在だ。アメリカではリップレスクランクとか、ラトルベイトとも呼ばれる。代表格はTDバイブレーション。

ハイランドレイク

天然湖のなかでも、標高の高い山上湖のこと。榛名湖などのカルデラ湖はその典型だ。透明度が高く、水深が深く、水温が低く、多くの場合は観光地になっている。バスのいる確率は高い。

パイロットルアー

魚がどこにいるかを探すために、広範囲をチェックするルアー。バイブレーションやバズベイトはその代表格。

バウデッキ(レンタルボート)

手漕ぎ用のボートにフットコンのエレキを装着するため、ボートの先端に取り付ける専用のデッキ。小さなレンタルボートでバスフィッシングを楽しむ、日本独自のスタイルから生まれた道具だ。車に積むと非常にかさばるが、最近は小型のタイプも開発され主流になりつつある。

ハエ根

フカセ釣りで使う撒き餌のオキアミに混ぜ込む集魚材のこと。魚の嗅覚や視覚をより刺激したり、飛距離を出す、沈下速度を調節するなどの役割もある。

爆~

通常考えられる以上の、平均を圧倒的に上回る事象が起きること。例:爆釣(ばくちょう)=想像以上に釣れること。

バサーオールスタークラシック

月間誌『Basser』が主催する年1回のバストーナメント。複数の団体のトップ選手、往年のスター選手、アメリカで活躍する選手など、トーナメント団体の垣根を超え、人気と実力を兼ね備えた釣り人を選出して招待。それぞれがプレスを同船させて真剣勝負を繰り広げるオールスター戦。イベントとしても成功し、ウェイイン会場には多くのギャラリーが集まる。

バジング

ワームやスピナーベイトを沈まないようにして水面で引く釣り方。スピナーベイトのブレードが水面から飛び出す瞬間は、水中から見ると人間でも食いつきたくなるほどのインパクトがある。

バズベイト

スピナーベイトに似た形状のワイヤーベイトだが、ブレードではなく大型のプロペラが装着されている。これを水面で引くと、けたたましい音を出して水しぶきをあげて直線的に泳ぐ。とてもエサには見えないが、バスが狂ったように襲い掛かってくる。実にバスルアーらしい痛快なルアー。

バスボート

バスフィッシング専用に開発され、特化してきたボート。基本的にはFRP製でフラットなデッキの先端にはフットコンエレキを装備。目安として70~250馬力という高い出力の船外機が搭載されている。高速で移動し、目的地ではフットコンで小移動を繰り返しながら釣る。ビッグレイクや大河では最強のポテンシャルを発揮するボートだ。

バスマスタークラシック

アメリカのもっとも権威のあるトーナメント団体・B.A.S.S.が主催する、全米最強のバスプロを決める大会。2004年には日本人の大森貴洋が優勝を飾っている。

ハゼクラ、ハゼクランク

ハゼをルアーフィッシングで釣るための、専用クランクベイトのこと。

パターンフィッシング

バスの習性や季節ごとの行動に合致した、法則性のある釣り方。追求していくと、釣りをしている場所、季節、天候、水温、水質などの要素から、最適な釣り方をパターンとして導き出せるようになる。

バックウォーター

ダム湖などの最上流で、メインの流入河川が流れ込んでいるエリア。水の動きがあり、酸素も多く、水温は比較的低い。夏は特に釣果が期待できるA級ポイント。

バックスライド(アクション)

ラインのテンションを緩めたとき、フォールしながら釣り人から離れていく方向にスライドしていくアクション。キャスティングでは入らないようなカバーのなかに、ワームを潜り込ませることができる。リグ的にはオフセットフックを逆付けして、本来の頭部分にネイルシンカーを入れると、一部のワームはバックスライドする。

バックハンドキャスト

テニスのバックハンドのように、ロッドを持つ手とは逆の方向に振りかぶって投げるテクニック。うっそうとした藪のなかでの岸釣りや、ボートのバックシートでの釣りなどで役に立つ。

バックラッシュ

ベイトリールが根源的に抱えるライントラブル。キャスト中のルアーが失速したり、着水した後に、スプールが回転の勢いを保っていると、スプールに巻かれたラインがリール内でどんどん緩んでしまう。すると、極めてほどくのが困難な事態になる。ルアーの失速に合わせて、釣り人が親指でスプール回転を抑制する「サミング」や、リールメーカーが開発した各種のブレーキシステムを駆使して防ぐ必要がある。

バット

ロッドの根元、グリップよりは上の部分を指す。もっともパワーを持たせる部位で、アワセの時はバットパワーがものをいう。

波止

港湾部を波の影響から守る防波堤のこと。

波止釣り

防波堤の上で釣りをすること。

パドルテールワーム

テールがボートのパドルのように丸っこく広がっている形状のワーム。テキサスリグにセットした場合、基本的にフォールやスイミング時はこのテールがブルンブルンと回転することが多い。見た目より、アクション時のアピール度は高いワームだ。すり抜け性もよく、アシなどを攻める際にはかなりの効果を期待できる。

早合わせ

魚が仕掛けを食い込む前にアワセてしまうこと。

バラケ

練り餌が水中で徐々に崩れていくこと。

バラし、バラす

釣り針に掛かっていた魚が、取り込みの過程で釣り針から外れてしまうこと。

ハリス

道糸の先に結ぶ、仕掛け部分に使われる釣り糸のこと。

張り出し

そこだけ飛び出ている部分のこと。地形ならば岬状の部分などを指す。

バルサ(素材)

木材のなかでも非常に浮力が高く、柔らかいので加工しやすい素材。プラグを作る素材としてうってつけだが、強度的にはほかの木材より弱い。だからラインアイは、ルアー内でフックアイと一体になっている貫通式にする必要がある。高い浮力の影響でアクションはハイピッチになりやすく、それが釣果につながることも少なくない。

バレットシンカー

円錐形に近い銃弾型の中通しシンカー。主にテキサスリグ、キャロライナリグに使用する。形状的にすり抜け性がいいが、岩の隙間などにはかえって根がかりしやすいこともある。

半スレ針

カエシの小さいハリのこと。ルアー用のフックで言うとマイクロバーブやスモールバーブのフック。

反転流

地形の変化などが起因して、ある一部分だけ通常の流れとは逆向きに流れていること。

ハンドコントロールエレキ、ハンドコン

バッテリーで動く船外機の一種で、手で操作するタイプ。基本的にはボートの船尾に取り付けるが、船首に取り付けるアングラーもいる。

ハンドポワード

ワームの製法のひとつで、熱して液状になったワーム素材を手作業で型に流し込む作り方。この方法なら個人レベルでも生産できる。特徴は片面がフラットになること。

ハンドメイドルアー

手作りのルアー。プラグの場合はバルサなどのウッド素材で作ることが多い。ハンドメイドルアーを作り、それを売って生業としているプロフェッショナルも存在する。

ハンマードブレード

全面にディンプル加工がされているスピナーベイトのブレード。光の反射が乱反射となり、一説によると、ビッグバスに効果的とか。

半夜~

夕方から深夜前までの時間帯のこと。この時間帯に楽しむ船釣りを「半夜釣り」と言う。

干潟

干潮時になると出現する、遠浅の砂泥地のこと。水が少なくなったぶん、魚のいるポイントが絞り込みやすい。

引き釣り

専用のテンヤ仕掛けにドジョウやキビナゴを装着し、仕掛けを沖に投げてリールを巻いて引くタチウオ釣りの釣法のこと。

魚籠、ビク

釣った魚を保持しておく、カゴ状の入れ物のこと。

ビシカゴ

オモリが装着されている撒き餌用カゴのこと。

ビシマ

釣り糸に多数のオモリを等間隔で装着した仕掛けのこと。

ビッグベイト

通常のクランクベイトやミノーなどに比べて著しく大きなルアー。外見的にはジョイントタイプで非常にリアルなものが多い。大きさの目安としては15センチ以上のものが一般的だが、形状がビッグベイトなら、たとえ小さくてもビッグベイトとしてカテゴライズされる傾向にある。ほかのルアーに比べて、バスが追ってくることが多く、水面直下を泳ぐのでそれが目で見える。たとえ釣れなくても、そのスリルの虜になり、ビッグベイトばかりを投げる釣りスタイルまで存在する。

ピッチング

ワームやラバージグを効率よく、スピーディーかつ正確に投げていく方法。ルアーを振り子のように動かして、竿先を上げることによって速度を上げ、スプールをリリースする。すると低い弾道でルアーが飛び、落としたい場所に落とせる。

ヒット

魚がルアーを食ってくること、あるいは針がかりすること。水中のカバーやボトムに当たることもヒットという。

一ヒロ

両手を左右に目一杯広げたときの長さのこと。ルアーフィッシングのリーダーの長さや、フカセ釣りでウキの位置を調節するときの基準となる長さの目安。

ヒネリ針

針先が胴と並行ではなく、少しヒネリ気味の方向へ向いている釣り針のこと。ついばむようにエサを食べる魚の口に刺さりやすい。

ヒラ打ち

岩や木、あるいは地形変化などにルアーが当たった際、一瞬その動きを変えるようす。それまでの一定の動きから突然動きを変えるため、バスが食いつくきっかけになることがある。

平場

水底に障害物や起伏がなく、平らな状態の場所のこと。

ファーストテーパー

ロッドが先調子になるようなテーパー。ブランクスの先端部分テーパーが急角度になっている。

ファーストムービングルアー

クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションなど、速巻きして使えるハードルアーのこと。ロッドワークではなく、リールを巻く操作で動かすので、日本では「巻き物」と呼んだりもする。

ファイト

抵抗する魚との戦い。相手が大きいとバラしたり、ラインを切られたりする危険があるので、スリルが味わえる。

ファストリトリーブ

速い速度でリールを巻くこと。単に回収するときも大事だが、速く巻くことによって魚の判断力を狂わせる効果もある。

フィーディング

魚がエサを食べること。

フィート

長さの単位で1フィートは約30.4センチ。12インチで1フィート。バスフィッシングの世界では、ロッドの長さやボートの長さをフィートで表示することが多い。

フィールド

英語では「野原」や「野外の」という意味だが、日本では「釣り場」という意味で使われることが多い。

フィネスフィッシング

細いラインで軽いウェイトのワームリグを繊細に操って釣る釣り。通常はスピニングタックルを使うが、最近はベイトタックルでもやるようになった。

フェザリング

キャスト中のスピニングリールから、放出されるラインを手で軽く触れつつ徐々に抑えていって、飛距離を調節すること。

フォールスピード

ワームやシンキングルアーが沈んでいくスピードのこと。

フォールターンオーバー

湖の表層の水と底層の水が入れ替わる現象。水温が落ちていき、台風などで強風が吹き荒れる秋に起きやすい現象で、これが起きるとバスが非常に釣れにくくなる。

フォローベイト

バラしてしまった魚を釣るための「次の1手」的なルアー。例えば、バズベイトでバラした直後に、フォローベイトとしてノーシンカーワームを投げたりする。

フカセ釣り

本来は釣り糸に釣り針とエサだけを付けて、海流に漂流(フカセ)させて魚を釣る釣法のこと。しかし、現在はより広範囲が探れて、タナ調整の自由度も高いウキを付けた「ウキフカセ釣り」のことを、フカセ釣りと呼ぶことが多い。

房掛け

釣り針にミミズやイソメなど、細長い活きエサをたくさん掛けること。

不精付け、ぶしょう付け

チチワを使って仕掛けを竿先のリリアンに接続する方法のひとつ。

フック

釣り針のこと。

ぶっこみ

中通しオモリに道糸を通し、サルカンを介してハリス+釣り針を付けたシンプルな仕掛けのこと。もしくはその仕掛けを使って楽しむ釣りのこと。

ブッシュ

藪のこと。増水などで藪が水没すると水没ブッシュと呼んだりする。

フットコントロールエレキ、フットコン

進路変更、スイッチのオンオフ、スピード調整を、すべて足によるペダル操作で行えるエレクトリックモーター。したがって自在に操縦しながら両手を使って釣りをすることが可能。最新モデルはGPSによって、足も使わず1か所にとどまり続けることができる。

フットボールヘッド

その名の通り、アメリカンフットボールで使う楕円球のような形状のヘッドを持つジグヘッド。ボトムでの安定性が良く、ワームが良く立つ。比較的アクションも付けやすい。また、スイミングで使っても結果を出せる。フットボールヘッドのラバージグはフットボールジグと呼ばれ、これがまた欠かせないアイテムだ。

プライヤー

ラジオペンチなど。バスの口にかかったフックを取り外すのに重宝する。曲がったフックを直したりもできる。

ブラインド

見ようと思えば見えるバスを、あえて見えない位置から狙う釣り。

プラグ

ルアーのなかでも、立体的なボディを持つもの。クランクベイト、トップウォーター、ミノーなど。ワイヤーベイトやジグなどは同じハードルアーだけど、プラグではない。

プラクティス

トーナメントで勝つために、戦いの場となる湖で下見や練習をすること。実際に釣りはせず、魚探で地形を確かめたり、魚の有無を確認したりするだけのプラクティスもあれば、全力で釣りをするプラクティスもある。

ブラクリ

中通しオモリとハリス、釣り針が一体化した仕掛けのこと。防波堤の際や消波ブロックの隙間に落とし込むことで、根魚などが釣りやすい。

フラシ

釣った魚を保持しておく、網状の入れ物のこと。ヘラブナ釣りなどに多く使われる。

フラットサイドクランク

扁平なボディのクランクベイト。キラキラと光るボディ側面の明滅効果なのか、活性の悪いバスに効果的だとされる。

フリーフォール

シンキングのルアーやワームを沈める際、スプールをフリーにしたりラインを繰り込んだりして、なるべくラインテンションをなくして沈める方法。杭や橋脚など、縦のストラクチャーに対してタイトにフォーリングさせたいときの必須テク。フォール中のアタリはラインの動きを見て判断する。

フリーリグ

韓国発祥の新リグ。ナスオモリのようなアイ付きのオモリのアイにラインを通し、先端にはオフセットフックを結んでワームを装着。まず投げると、遊動式でフリーになったシンカーがいち早く湖底に到達する。その後、フリーになったワームが極めてスローに落ちる。大部分のアタリはこのファーストフォール中に出るらしい。その後はロッドを何度かしゃくってはフォールさせて回収。特に縦ストラクチャーに落とし込む場合は効果的だ。

振り込む

釣り竿を振って仕掛けを水中に投入すること。フカセ釣りや渓流釣り、ヘラブナ釣りなどで使用される言葉。

プリスポーン

バスの産卵前。冬から春へと季節が進むと水温が徐々に上がり、越冬していたバスが産卵を意識し始める。それがプリスポーンと呼ばれる状態で、水温が10~12℃になるとこの状態に入ると考えられている。産卵床を作るシャローへと入る前の段階で、ステージングエリアと呼ばれる地形変化やカバーがある場所で活発にエサを追う。

振り出し竿

重なり合った筒状の短い竿が伸び縮みする構造の釣り竿のこと。伸ばせば釣りに使うのに十分な長さとなり、縮めれば短くなるので携帯性にも優れている。

フリッピング

アシ原など、連続したカバーを接近戦で撃っていく際、非常に手返しよく攻められるキャスト法。ベイトリールのスプールをロックしたまま、リールと元ガイドの間のラインを指でつまんで引っ張る。そして、ルアーを振り子のようにして前に振り込み、ロッドを上にはね上げると同時に、つまんだラインを指で送り込む。次のキャストは、またラインをつまんで引っ張り、自分側に戻ってきたルアーを、そのまま振り子のようにして送り込む。こうして、効率よくキャストを続ける。

フルリグ

釣り用のボートに、エンジン、エレキ、バッテリー、魚探などが完全に装備されていること。レンタルボートにもよく使う言葉だ。

ブレード

スプーンのような形状の金属パーツ。通常はスピナーベイトに装着し、引いたりフォールさせたりすると、回転してキラキラと乱反射して、大きな水流を発生させる。丸いコロラドブレードと細長いウィローリーフブレードが標準的な2種類。その他、インディアナブレード、アラバマブレードなどさまざまなタイプがある。

ブレイクライン

水深が急激に変わるラインのこと。

ブレイデッドジグ、チャターベイト

リトリーブすると独特のブレードが水を受けて、トレーラーを装着したラバージグが激しく左右に動き、トレーラーは身をくねらせて泳ぐ。そのド派手なアクションと、抜群のスナッグレス性で、中層のバスを仕留める。

ブレイデッドライン

撚り糸のこと。いわゆるPEラインのことを意味するのだが、40年以上前の撚り糸は素材的にPEではなかったものもあるので、イコールではない。浮力が強く、伸びが少ないが、透明ではない。

プレッシャー

バスをナーバスにする要素全般を指す。もっとも典型的なのは、釣りをすることによるフィッシングプレッシャーだ。

フローター

元々はタイヤのチューブに専用のカバーを装着し「座れる浮き輪」にして、釣りをするアイテム。ボートが出せない小場所でも手軽に沖へと出ることができる。小さな車にも積むことができるので日本の釣り環境にも相性がいい。それに水面に近い視線でのファイトは、ボートにも岸釣りにもない醍醐味を味わえる。ZEALというトップウォーターブランドがPVC製で、大口径バルブのフローターを売り出して以降、各メーカーがそれに追随。今の日本ではタイヤチューブを使ったフローターはほとんど見かけなくなった。

フローティングタイプ

水に浮くルアーのこと。

フロッグ

カエルを模したルアー。特に中空タイプは、水面を覆うカバーの上でも自在に引いてこれるので、フロッグルアーの主流となっている。代表格はブロンズアイフロッグ。

フロロカーボンライン

フロロカーボンを素材とする釣り糸。現在バスフィッシング用のラインの主流となっている。ナイロンに比べて硬く、伸びが少なくて、重い。したがって、感度が良く特にワームの釣りに向いている。ただ、水に浮かないので、トップウォーターの釣りではポーズ中に沈んでしまったりして、あまり向いていない。

ベイトキャスティングリール

両軸受けタイプのリール。バスフィッシングではスピニングリールよりもよく使われている。スピニングリールには太いラインが合わないので、特に太い糸を使う場合はベイトリールのほうが良いとされている。かつては、細いラインを使った場合、ボディとスプールの間にある隙間に巻き込む危険性があった。しかし、現在はリールの精度が上がり、ベイトキャスティングリールでも細いラインが使えるようになってきた。ルアーが失速してからもスプールが回り続けると、バックラッシュというトラブルが発生。これがベイトキャスティングリール最大の欠点とな

ベイトフィッシュ

エサとなる小魚のこと。単にベイトとも呼ぶ。小魚だけではなく甲殻類もベイトフィッシュに含めたりもする。

ベジテーション

植物という意味で、バスフィッシングにおいてはウィードやガマなど、水生植物が形成するカバーを指す。

べた~

ぴったりくっつくこと。 例>今日のヘラはべた底。(ヘラブナが底にぴったりついている状態。)

べた凪

海上で無風状態で、波もなく鏡面のように真っ平らな状態のこと。

ヘビーカバー

バスが身を隠せるありとあらゆる障害物をカバーというが、そのなかでも密度が濃く、攻略が困難なものをヘビーカバーと表現する。

ヘビダン

シンカーの重いダウンショットのことで、ヘビーダウンショットの略称。特徴としては遠投が効くし、ディープや流れのある場所でもしっかりと底を感じることができる。カバーにも使えるが、枝などにリーダーが絡みやすいので、ケースバイケースだ。

ベリー(ロッド)

ロッドの中腹部のこと。先端部をティップ、根元部をバットと呼び、その間の部分をベリーと呼ぶ。「ポットベリー」は太ったバスのこと。「タックルベリー」は大手中古釣具店。

偏光グラス

水面のぎらつきを抑えて、水中のようすがよく見えるようになるサングラスの一種。目を保護する観点からも、釣りの際は装着したほうがいいとされる。

ペンシルベイト

何の変哲もない棒のような形状のトップウォータープラグ。しかし、首を左右に振るドッグウォークアクションが得意で、水面をまるで生き物のように泳ぐ。左右にスライドさせたり、小魚が逃げ惑うようなアクションも演じることができる。代表選手はオリジナルザラスプークだ。

ポークリンド

豚の皮と脂身を切って作ったルアー。通常はラバージグのトレーラーとして使用する。ワームとはひと味違う滑らかな動きと、独特のボリューム感、そして生々しい食感でバスを誘う。エサじゃないかという意見もあるが、一般にはルアーとして認知されている。低水温時にワームは硬くなってしまうが、ポークは柔らかい動きを保つので、冬に強いともいわれている。最大大手のメーカーだったアンクルジョシュが解散したので供給が危ぶまれている。

ポーズ

ルアーを静止させること。一般的にはトップウォーターやフローティングのビッグベイトに使う言葉で、ワームやサスペンドプラグなどを水中で静止させる場合は「ステイ」と表現することが多い。

ボートラダー

舵という意味。バスフィッシングにおいては、レンタルボートの直進性を保持するため、船尾に取り付ける直進専用の方向舵のこと。

ボーン(素材)

プラグを作る際の樹脂で、透明ではなく骨のようなくすんだ乳白色の素材。透明のABS素材よりも浮力の高いルアーを作れるとされている。また、着色しなくても釣れる色のひとつとして認知されている。

ボウズ

魚が1本も釣れないこと。アブレ。おでこ。ノーフィッシュ。

穂先

釣り竿の一番先の部分のこと。

ポストスポーン

バスの産卵後。産卵が終わると、メスは徐々に深場へと居場所を変えていく。オスは卵を守り、卵が孵化した後もしばらくは稚魚の群れを外敵から守り続ける。スポーニング中のバスを釣らないようにしようという意見も少なくないが、実際には釣り分けることは困難なので、ケースバイケースで個人が判断を下すしかない。

ホッグワーム

ZBCのブラッシュホグに代表される、バルキーなワーム。形状的にはクローワームに近いが、左右にパドル状の手のようなパーツがついているのが特徴。水中での存在感は抜群でビッグバスに有効とされる。その原型はディトーの「クロウフィッシュ」とする意見もあるが、ホッグ系を流行させた元祖は間違いなくブラッシュホグだ。

ポッパー

トップウォーターのなかでも、先端が口を開けたようなカップ状になっているタイプ。竿先を鋭く動かすと、ガポンというサウンドと水しぶき、そして泡を出すインパクトの強いルアー。バスの捕食音や、逃げ惑う小魚などを演出する。代表選手はポップX。

ボディウォーター

大きな水の流れが生じている湖における、その流れの本流。ダム湖なら上流から下流への流れ、あるいは琵琶湖の南湖なら中央を通る北から南への流れがボディウォーターと呼ばれている。

ボトム

底のこと。

ボトムバンピング

ルアーで底を叩くようなアクション、あるいはそのテクニックを指す。

穂持ち

振り出し竿や継竿の一部で、穂先の次にくる部分のこと。

ボイル

まるで湖面が沸騰しているように、多数の魚が跳ねること。一団となったフィッシュイーターが、水面近くにいた小魚の群れに襲い掛かるときのようすは、まさにボイルだ。単発の跳ねはあまりボイルとは呼ばない。

本湖、メインレイク

湖の支流筋や内湖ではなく、本体に当たるエリア。湖のもっとも広い部分を含んだ主となる部分。

ポンド(単位)

重さの単位で1ポンド=約0.453キロ。1ポンド=16オンス。バスフィッシングにおいては、バスの重さ、ラインの強度、それからエレキの出力の単位として使われる。

ポンプリトリーブ

ロッドを前から上方向か横方向にスライドさせてルアーを動かし、ロッドの位置を前向きに戻す間にたるんだ分のラインを巻き取り、またスライドして動かす。その繰り返し。1989年にアメリカのトッププロ・ラリー・ニクソンが来日し、レーベルのロングビルミノーでこのテクニックを披露。それがきっかけとなって、このテクニックが流行した。

ホンムシ

体長が30cm近くになる、大型の多毛類生物の瀬戸内地方での呼び名のこと。本来の名前は『イワムシ』だが、関西地方ではマムシとも呼ばれる。

マウント(エレキ)

エレクトリックモーターの本体を、ボートデッキや船尾に取り付けるためのパーツ。通常はエレキの上げ下ろし機能と、角度を変える機能を持つ。

撒き餌

魚を寄せるためのエサのこと。フカセ釣りでは釣り人がポイントに向かって直接撒き餌を巻き、船釣りやサビキ釣りではカゴの中に撒き餌を入れて魚のタナまで沈め、仕掛けを上下に動かすことでエサを撒く。

巻きモノ

クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションなど、リールを巻いて泳がせるルアーのこと。プラグではないが、スコーンリグなども含まれる。

マグネットブレーキ

ベイトリールのバックラッシュを防ぐために開発された、磁力を利用したブレーキ。

孫針

主となる釣り針に加えて、より針掛かりを確実なものにするために付ける小型の釣り針のこと。

マスバリ

マス釣り用の釣り針。バスフィッシングでは、ワームをチョンがけするシャンクの短いフックの総称として、こう呼ぼこともある。

まずめ、マズメ

朝ならば夜明け~日の出前後1時間ほど、夕方なら日没前後1時間ほどの、魚が釣れやすいとされる時間帯のこと。

マッチ・ザ・ベイト

フィッシュイーターが実際に捕食しているエサに、ルアーの大きさや形状を合わせること。

マッディウォーター

濁った水のこと。

マッドライン

濁った水と、透明な水との境目。マッドラインはバスにとってエサを捕食しやすい環境なので、ルアーを通すコースとしても適している。

マムシ

体長が30cm近くになる、大型の多毛類生物の関西地方での呼び名のこと。本来の名前は『イワムシ』だが、瀬戸内地方ではホンムシとも呼ばれる。

マルカン

道糸とハリスとの結節に使用する、小さな環状の釣具のこと。ヘラブナ釣りに使用される。

マンメイドストラクチャー

橋脚や水門、あるいは杭など、人工的なカバーや構造物のこと。

水脈筋、みお筋

船が港を出入りするために、周囲の海底より深く掘り下げられた溝状の通路のこと。

幹糸

仕掛けのメインとなる釣り糸のこと。

水潮

降雨後に大量の淡水が河川から海に流れ込むことで、塩分濃度が薄くなった潮の状態、もしくはその海域のこと。

水持ち

エサとなる小魚が大型魚に追われて、水面で水しぶきを上げながら逃げている状態のこと。ナブラと同義語。

道糸

リールに巻かれている釣り糸、もしくは穂先から仕掛けのつなぎ目までの釣り糸のこと。

ミッドストローリング、ミドスト

ワームを中層でシェイクしながら、スイミングさせるテクニック。ジグヘッドリグやスモラバで使うのが一般的。

ミッドスポーン

バスの産卵中。通常は水温が15℃まで上がると、シャローに上がったオスのバスがハードボトムに産卵床(スポーニングベッド=ネスト)を作る。そこにメスが入ってきて産卵する。標高が高く、水温の低いクリアレイクでは12℃くらいから産卵するともいわれている。

見釣り

水中にいる魚を肉眼で見ながら釣りをすること。ルアーフィッシングではサイトフィッシングとも言う。

ミドルレンジ

バスが生息する上での中間的な水深。明確な定義はないが、目安としては水面下1.5~3.5メートルの中層。あくまでも目安だが、それ以上浅ければシャロー、深ければディープととしていい。

ミノー

小魚のような細長い形状のルアーでリップがついている。引くとアクションしながら水に潜るが、バスフィッシングの場合はトゥイッチやジャークなどのテクニックを使うことが多い。代表格はヴィジョンワンテン。

ミャク釣り

軽いオモリと釣り針だけのシンプルな仕掛けで、釣り糸の動きや手元に伝わる振動を感じてアタリを取る釣法のこと。釣り糸の動きをよりわかりやすくするために、道糸に目印を付けることもある。

ミヨシ

釣り船の船首、またはそこにある釣り座のこと。

向こうアワセ

釣り人自らがアタリを感じてアワセるのではなく、魚が勝手に釣り針に掛かってくれること。

ムシパターン

昆虫を模したワームなどを、木の枝などからぶら下げて、水面で波紋を立ててバスを誘う釣り方。かなり遠くのバスを呼べるので、信じて粘り強くシェイクし続けることが大事だ。

メカニカルブレーキ、キャストコントロールブレーキ

ベイトリールのバックラッシュを防ぐために標準装備されている古典的ブレーキ。スプールのシャフトを左右から押さえつけて回転自体を抑制する。最近のリールには、外側に調節用のキャップがないものまである。

メタルジグ

素材に鉛やタングステンなどの金属を使用したルアーのこと。岸からはキャスティングで、船からは沈めて海底に着底させ、リールを巻きながらアクションを付けて魚を誘う。

メタルバイブ、鉄板

真鍮やステンレス、アルミなどの金属板にウェイトを貼り付けた構造のバイブレーションルアー。よく鉄板と呼ばれるが、鉄製だと錆びやすいので、鉄板で作られたものはあまりない。特に冬場に使われることが多い。代表格はリトルマックス。

免許不要艇

通常、船外機付きの小型船舶の操縦には免許が必要だが、免許がなくても操縦できるボートのこと。その条件は、登録長が3.0メートル未満で、推進機関が1.5kw(約2馬力)未満、そしてただちにプロペラを停止できるか、プロペラが人体に損傷を与えないようにする機構を備えていること。最近は、この条件をクリアしたボートをレンタルできるボート店も増えている。

もじり

魚が水面付近を動き回ることで、波紋が発生すること。もしくは水面付近を動き回る際に魚体の一部が見えること。ヘラブナ釣りなどで用いられる言葉。

モトス

仕掛けのメインとなる釣り糸のこと。幹糸と同義語。

ヤエン

アオリイカを釣るための釣具のこと。もしくはその釣法のこと。アジなどの活き餌に道糸をつなぎ、自由に泳がせてアオリイカに抱き着かせる。そこに道糸をたどってヤエンを送り込み、アオリイカを掛ける仕組み。

矢引

釣り糸の長さを測るときの基準のひとつ。弓矢を引くような恰好で、両手で釣り糸を掴んだときの長さのこと。おおよそ~1m。

ヤブコギ

オカッパリで釣りをする際、うっそうとした藪や草むらなどをかき分けて、道なき道を進むこと。こうして人跡未踏の水際にたどり着くと、プレッシャーが少なくていい釣りができたりする。でも、そこまでやって釣れなかった時の精神的ショックは大きい。

山立て

湖底の、目では見えない変化がある場所などを、地上の目印を使って記憶すること。GPS全盛の現代においては古典的なテクニックだが、これができる釣り人はリスペクトされる。地上のある方角を向いたときに方向が一致する目印をふたつ見つけて、それとはまったく違う方角、できれば直角に近い方向に、また一致する目印をふたつ見つける。その4点を記憶することによって自分のボートポジションが定まる。

やりとり

魚が釣り針に掛かった後、取り込みまでの一連の動作のこと。釣り竿さばきや道糸の張り具合、リールのドラグ設定などを最適に行うことで、スムーズなやりとりが可能になる。

遊動式

ウキやオモリが固定されておらず、釣り糸に沿って自由に動く状態のこと。

夕マズメ

夕方の日没前後1時間ほどの、魚が釣れやすいとされる時間帯のこと。

夜焚き

夜に集魚灯を点灯させて、集まってきた魚を取る釣り方、または漁のこと。イカ釣りの遊漁船や漁船が有名。

夜釣り

夜に釣りをすること。

ヨブ

海底に起伏がある地形のこと。シロギスやカレイ、ヒラメ、マゴチなどの好ポイント。

よれ

①メインの潮流から外れて、乱れた潮流ができている部分のこと。②釣り糸がねじれていること。

ライズ

魚が水面で跳ねたりもじったりすること。

ライトリグ

軽いシンカー、細いライン、小さなワームを使用したリグ。食いが渋いときに選択することが多い。フィネスリグ。

ライブウェル

釣った魚を生きたままキープするためのいけす。

ライフジャケット

救命胴衣のこと。従来の浮力体の入った固形型と、非常時にガスが注入されて膨張する膨張式の2種類がある。平成30年2月以降、小型船舶に乗船する場合に限り、乗船するすべての人に対して着用が義務化された。しかも、国土交通省が定めた基準に適合した「桜マーク」付きのライフジャケットであることも必要だ。

ライン

釣り糸のこと。

ラインスラック

ロッドから出した部分のラインのたるみ。これを利用してルアーを動かしたり、釣り人の気配を減少させたりする。

ラインブレイク

魚とのファイト中に、ラインが切れてしまうこと。竿が折れても、リールが故障してもバスをキャッチすることはできるが、ラインブレイクだけはどうにもならない。ルアーもバスに着いたままだし、極力避けたい最悪のトラブルだ。

ラインメンディング

着水したラインの修正をすること。ルアーを通したいコースに通したり、流したい場所に流したりするために、ロッド操作でラインをコントロールすること。

ラウンドリップ

先が丸くなっているリップのこと。ボトムにヒットした際、体勢を崩しにくいのいで、なめるように引くことができる。ディープクランクに多い。

ラトル

ルアーのボディ内の空間に内蔵された固定されていない金属球。アクション時にはこのラトルボールが暴れて騒々しい音を発する。元々はコットンコーデルのバイブレーション「スポット」の内部ウェイトが製造エラーで外れてしまったのが起源らしい。その後のバイブレーションプラグはラトルトラップなど、ラトル入りが爆発的に流行したので、ラトルベイトとも呼ばれる。

ラバージグ

ハリとシンカーを一体化させたのがジグヘッド。そのジグヘッドにラバースカートを装着させたものがラバージグだ。無数のラバーが不規則に動くようすは、ほかのルアーとは一線を画する妙技と言える。大別すると、ガード付きのアーキ―ヘッド、ボトムを叩いたりスイミングに適したフットボールヘッド、超軽量でタフな状況に強いスモールラバージグの3種に分けられる。一般的にはトレーラーとしてワームやポークをセットして使うが、トレーラーなしでも釣ることはできる。

ラビット

小型のサシ。釣りエサに使う、ハエの幼虫のこと。エサ専用に養殖されている。特にウサギの糞に発生させた、小型のサシをラビットと呼ぶ。

ラン&ガン

1か所で粘ったりせず、移動を繰り返す釣り方。有望なスポットを効率よく攻めたら、すぐに高速で移動して次の有望スポットへ。これを繰り返すこと。ランニング&ガニングの略であり、更にランガンと短縮する表現もある。

ランカー

大物。でかい魚。ランカーバスはデカバスを意味する。

乱杭

治水や護岸を目的に、河川や海の岸際に乱立させた杭のこと。魚が集まりやすいポイントになる。

ランディンググリップ

魚を取り込む際に使う、鍵爪状の道具のこと。ルアーフィッシングで広く使われており、開閉できる鍵爪部分で魚の口を掴む仕組み。魚体に直接触れることなく、スムーズな針外しとリリースができる。

ランディングネット

魚を取り込み際に使う、ルアーフィッシング対応のタモ網のこと。魚体を傷付けにくい、または釣り針が絡まりにくいラバー製のネットを使用したものもある。

リーダー

道糸の先に結ぶ、先端用のライン。魚に認知されないためのリーダー、傷つくのを防止するためのリーダー、沈めるためのリーダー、突然の負荷に切られないためのショックリーダーなど、さまざまな意味を持つ。特にスピニングタックルでPEラインを使う際はリーダーが必須とされている。

リグ

仕掛けのこと。バスフィッシングにおいてはワームの仕掛けをリグと呼ぶ。テキサスリグ、キャロライナリグ、ネコリグ、ノーシンカーリグなど、名前を枚挙するいとまがない

リザード

イモリのこと。それを模したワームのこと。スポーニング時、イモリはバスの産卵床の卵を狙う天敵のひとつなので、外せないワームだ。

リザーバー

ダム湖のこと。実際の英語の発音は「レザボア」だが、日本ではこの呼称が定着した。

リップ

ルアーの下側に飛び出した板状のパーツで、水を受けてルアーを潜らせてアクションさせる。また障害物にヒットした際、フックとの接触をブロックして根がかりを防ぐ効果もある。キャスティングの時は空気抵抗を生むので遠投の妨げになる一面もある。

リップラップ

防波堤や護岸を浸食から守るための石積み。エビや小魚の隠れ家にもあるので、バスを釣るための有望なスポット。

リップレスミノー

水中に潜るための水受け板(リップ)がない、小魚形状のルアーのこと。代わりに頭部前面が斜め下方向にカットされたような断面を持ち、そこに水を受けることで水中に潜る。

リトリーブ

リールを巻くこと。リーリングとも呼ぶ。

リバー

川のこと。

リフト&フォール

シンキングルアーの定番テクニック。ロッドをしゃくりあげてから、フリーフォールさせることの繰り返し。通常はボトム付近でやるが、中層で演出する場合もある。冬場にメタルバイブレーションでこのテクニックを使うことが多い。

リミット

バストーナメントにおいて、検量するバスの上限の数。リミット3本なら3本の合計重量で勝敗を決める。

流心

潮流や河川の流れの中心のこと。もしくは流れがもっとも速い場所のこと。

流入河川

湖などに流れ込む河川のこと。水深があれば、その河川にバスが生息する可能性も高い。バスが遡上できないほど浅い河川であっても、エサとなる小魚などが生息できるので、バスにとっては重要な食糧供給要素となる。

良型

サイズの良い魚のこと。平均サイズより大きな魚のこと。

リリーパッド

スイレンの葉っぱ。あるいはそれが水面を敷き詰めている場所。フロッグやテキサスリグで攻めるようなヘビーカバーの一種で、特に夏は涼しくてバスにと言っては居心地がいい。

ルアーアクション

ルアーの動き。

ルアー回収器

根がかりしたルアーを取り戻すためのアイテム。振出し式のスティックタイプと、チェーン付きのオモリを送り込み、フックに絡ませてひもで引っ張る遊動タイプに大別される。安価ではないが、ほぼ確実に短期間で元が取れる。

レイダウン

倒木のこと。まず複雑な構造のカバーなので、バスにとって格好の隠れ家となる。また、斜面に存在することが多いので、ディープとシャローをつなぐ道筋にもなる。超A級スポットと言えるだろう。

レバーブレーキリール

人差し指で操作するレバーブレーキを使い、道糸の放出量を任意に調整できるスピニングリールのこと。フカセ釣りやルアーのシーバスフィッシングで用いられることが多い。

レングス

長さのこと。主にロッドの長さの話に用いる。「ロングレングス」、「ショートレングス」など。

レンジ

距離という意味だが、釣りに関してはルアーが潜る泳層や魚のいる泳層を指すことが多い。つまりはタナのこと。一定のタナを泳がせる場合「レンジキープ」と表現したりする。

ランディング

魚を取り込むこと。手で取り込むのはハンドランディング。取り込むためのたも網は、ランディングネット。

ローカルルール

その湖、あるいはその地域だけに効力を持たせた、限定的な釣りのルール。公式なローカルルールもあれば、地元の仲間内だけで決めたような、拘束力のない私的なローカルルールもある。

ローボート

手漕ぎボートのこと。特に東日本のレンタルボートは、こちらが大部分を占めていて、エレクトリックモーターを装着して釣るスタイルがスタンダードになった。

ローライト

朝、夕方、曇りの日など、光の少ない状態。ローライトコンディションのほうが、バスの警戒心が低く、よく釣れるといわれている。

ロールアクション

ルアーを正面から見て、左右に反復回転するようなアクション。引き抵抗は比較的弱いが、ルアーの側面をぎらつかせる明滅効果が高い。

ロッド

釣り竿のこと。バス用のロッドはバスロッドと呼ばれる。

ロッドアクション

ロッドの調子のこと。先調子はファーストアクション、胴調子はスローアクション。

ロングビルミノー

リップが長いタイプのミノー。89年に来日したラリーニクソンが、レーベルのロングビルミノーで衝撃的な釣果を叩き出し、テレビで放映されると爆発的なブームになった。それまでの日本では、見向きもされないタイプのルアーだったが、現在では欠かせないルアーのひとつとなっている。

ワーム

軟質プラスチックで作られたルアー。ワームとはミミズという意味だが、実際にはザリガニや小魚など、さまざまなタイプがある。

ワイドアクション

動きの幅が広いルアーアクション。

ワインド

専用のジグヘッドとワームを使い、釣り竿を上下に煽るアクションを付けることでルアーを左右に大きく跳ばして魚を誘う釣法のこと。タチウオやサゴシなどの魚に効果的。

和竿

日本古来からの製法で作られた竹竿のこと。日本人特有の緻密さが端々に反映されており、超高級品も存在する。

ワッキーリグ

ワームの先端ではなく、中腹部にフックを刺すリグ。ワームがダイナミックに動く。頭の部分にシンカーを埋め込んだワッキーリグをネコリグと呼ぶ。

割りビシ

仕掛けに装着するオモリの一種。割れ目に釣り糸を挟み込んで、噛み潰して固定する。カミツブシと同義語。

ワンド

独立した池のような形態だが、河川本流部ともつながっている地形のこと。もしくは海における小規模な湾状の地形のこと。