月額980円(税抜)

#8【5/10撮影】スポーニング期には“食”か“威嚇”系のルアーを‼
KAT'S レイクサイドアドバイス
更新日:2019/06/21
閲覧数:143回

5月に入り、プリ、ミッド、アフタースポーンのバスが混在する状況となった相模湖。
そんないろいろな状態のバスがいるタイミングに、古沢さんがオススメするルアーは、両極端な“食わせ”系と“威嚇”系。
具体的には、ひと口サイズの小さめのソフトルアー、表層系や、産卵絡みで威嚇行動に出やすいタイミングにバイトを誘発しやすいブルーギルタイプのベイトなどなど。
目下、必携のルアーたちを、釣獲シーンを交えて、紹介‼

みんなの評価

-

コメント

シリーズ:KAT'S レイクサイドアドバイス

  • #2 今冬の島田湖はなぜ釣れたのか⁉

  • #1 3月の相模湖は川を釣るべし!

  • #3 3月に意識するべき冬の魚とは⁉

  • #4 3月上旬にハマるハードルアー戦略!

  • #5【3/21撮影】3月下旬の救世主は表層系⁉

  • #6【4/8撮影】古沢流、春の新方程式は「フローティングカバー×表層I字系」

  • #7 【4/18撮影】5月は常にスポーニングを意識して釣りを組み立てるべし

  • #9【5/20 22撮影】リザーバーの濁りは“段階”をふまえて攻略する

  • #10【6/7撮影】アフター期の一等地“流れ込み”を攻略する古沢流ナチュラルドリフト!!

  • #11 サマーパターンへの移行はどこで判断する!?【6/24撮影】

  • 相模湖 ep.12【7/7撮影】 古沢勝利

  • ep.13 7月後半の相模湖! ゲスト:伊藤雄大さん【7月19、22日撮影】

  • ep.14 8月前半の相模湖!【8/2撮影】

  • ep.15 8月後半の相模湖! ゲスト:仲田浩紀さん【8/17撮影】

関連動画