月額980円(税抜)

相模湖 ep.12【7/7撮影】 古沢勝利
KAT'S レイクサイドアドバイス
更新日:2019/07/11
閲覧数:106回

7月7日に相模湖にて開催された西東京シリーズ2019 第2戦にゲスト参加した古沢さん。
今回はその大会中の模様・・・ではなく、トーナメント後などに古沢さんが実施している、上位入賞者の釣り方を試す、「検証フィッシング」を通じて現在の相模湖の状況をお伝えする。
大会後、キッカーフィッシュがキャッチされた本湖北岸エリアに向かうと、
キーとなりそうなワカサギの群れを発見する。
ところが、ウイニングパターンであったライトリグへの反応はイマイチ・・・。
そこで、バスプロ・古沢勝利が手にしたのは、かつてこの湖の達人たちが愛用した名作ディープクランクだった。
10話公開記念プレゼント企画、カッツレイクサイドプライベートアドバイスの当選者も動画のなかで発表!

0.0

コメント・評価する

  • 2019/07/11
    スーサン
    きゃ〜ハズレちゃった。20回記念も企画お願いします。
    楽しみにしてます。^_^

シリーズ:KAT'S レイクサイドアドバイス

  • #2 今冬の島田湖はなぜ釣れたのか⁉

  • #1 3月の相模湖は川を釣るべし!

  • #3 3月に意識するべき冬の魚とは⁉

  • #4 3月上旬にハマるハードルアー戦略!

  • #5【3/21撮影】3月下旬の救世主は表層系⁉

  • #6【4/8撮影】古沢流、春の新方程式は「フローティングカバー×表層I字系」

  • #7 【4/18撮影】5月は常にスポーニングを意識して釣りを組み立てるべし

  • #8【5/10撮影】スポーニング期には“食”か“威嚇”系のルアーを‼

  • #9【5/20 22撮影】リザーバーの濁りは“段階”をふまえて攻略する

  • #10【6/7撮影】アフター期の一等地“流れ込み”を攻略する古沢流ナチュラルドリフト!!

  • #11 サマーパターンへの移行はどこで判断する!?【6/24撮影】

関連動画