月額980円(税抜)

お知らせNews

1~3件表示 / 全3件
  • 2020/01/18 21:40 更新

    EP.4 ザ・チャンピオンシップ「沖の魚 岸の魚」

    初日の中間発表を終え、ウェイトアップのためにギヤを一段階上げる4人のオカッパリ王者たち。 山木は勝負を大きく左右するキッカーサイズを手にするべく西湖へ。 川村は2フィールドでのリミットメイクと初日5キロという目標を達成すべく北浦と霞ヶ浦を疾走。 ビッグフィッシュ狙いの早野は長年ガイドをしていたかつてのホームレイク河口湖へ。 そして、中間発表時点でただひとりのノーフィッシュだった松下は、霞ヶ浦・北利根川に移動し独自のリリースフィッシュ理論を披露しつつ着々とサカナを揃えていく。 初日をプラン通りに終えられたのははたして⁉

  • 2020/01/14 23:20 更新

    Season3 EP.3 強風襲来 プロテクトエリアはどこだ!?

    おもいでの霞ヶ浦・土浦エリアでの2日め。 コータローを出迎えたのは、朝から吹く強い風だった。 ボートで移動できる範囲は狭まってしまったが、この風により初日以上にバスたちは波風を避けられる場所に集中しているはずと推測するコータロー。 オープンエリアを捨て本湖の風裏などプロテクトされたエリアを回っていくことに。 この作戦が吉と出て新たなるポイントを追加できるのか!?

  • 2020/01/14 21:40 更新

    1月号 永野版 ただいま南湖にて炸裂中! 真冬のディープクランクパターンが帰ってきた!!

    真冬の南湖における定番パターンでありながら、ここ数年は沖の残りウィードの少なさなどにより不発だったディープクランキングですが ウィードが残っており、強風による濁りも入っているイマ(1月10日現在)、南湖にてビッグバスを量産しています!! 水温ひと桁でもガンガン巻いて釣れるアツいパターンを伝道してくれたのは、今年から月刊!琵琶湖のレギュラーとなる たまらんばいガイドの永野総一朗さん。 3メートル前後のウイードトップにいかにクランクベイトをコンタクトさせるかがカギとなるこの釣りを、普段のガイド時のように丁寧にレクチャーしてくれました。 南湖ならではのディープ“ウイード”クランキング、濁りが残っているうちに試してみてください! 撮影日:2020年1月10日