初回登録30日間無料!月額980円(税抜)

お知らせNews

1~7件表示 / 全7件
  • 2020/02/21 更新

    霞ヶ浦東部

     日本第2位の湖面積を持ち、流域面積は茨城県全体の1/3以上を占める。帆引き網によるワカサギ漁で知られ、平均水深は約4メートルと浅い湖で、最大水深は約7メートル。霞ヶ浦の東部エリアのなかでも、霞ヶ浦大橋から北側は「東浦」と呼ばれる。北端に流れ込む恋瀬川をはじめ、梶無川や園部川などの流入河川も多い。  首都圏からも近く、釣りが盛んな湖として知られ、対象魚はワカサギ、ブラックバス、ヘラブナ、タナゴ、コイ、ハゼ、テナガエビなど多彩。人工ふ化によって放流が行われているワカサギは、ハイシーズンになるとビギナーにも釣りやすくオススメ。コイやヘラブナは春の乗っ込み狙い時期になると大勢に釣り人で賑わう。ブラックバス釣りでは大型のバスボートを使った試合も行われる東日本で最大の人気スポット。足場が良い護岸が多いので、岸釣りにも適したフィールド。  湖には水産動物の保護のために「保護水面」や「禁止区域」が設けられている箇所があるので注意しよう。またワカサギ(1月21日~2月末日、5月1日~7月20日)やコイ(5月11日~6月10日)などは禁止期間も設定されている。

  • 2020/02/21 更新

    薩摩湖

     薩摩湖(さつま湖)は吹上浜に点在する砂丘湖の一つで、周囲は2キロ弱ほど。市街地からもほど近い平野部にあることから、市民の憩いの場となっている。元々は中原池と呼ばれていたが1954年に薩摩湖と改称。昭和30年代には公園化され、つつじヶ丘、バラ園、椿林、桜並木が整備されたことから当時は県内外から訪れる観光客も多かったようだ。その頃は湖面をまたぐロープウェイ、遊覧船に貸しボートなどがあったが現在は廃止されている。  鹿児島県内でも最初期にバスが釣れるようになった老舗フィールド。釣りをするには北側が岸際まで出やすく、陸っぱりが可能。南側は森で覆われて切り立っているため、持ち込みのボートなどからが釣りやすい。  吸い込み仕掛けやウキ釣りでコイやフナなどがよく釣れ、家族連れでも安心して楽しめるだろう。他にヘラブナの釣り場としても知られているほか、ブラックバス狙いのアングラーが多い。特に湖北側にある桟橋付近は足場も良く、沖へ張り出しているので人気が高いスポットになっている。ただし、ウォーキングや散歩等を楽しむ人もいるので周囲には十分注意しよう。いわゆるマンメイドストラクチャー的な障害物は少なめだが、岸際のブッシュやハスにガガブタといった浮草など、ベジテーションは豊富。  駅から離れていることもありアクセスは車が一般的。駐車は歩いて5分程にある吹上浜公園の駐車場を利用が便利。

  • 2020/02/21 更新

    弥栄湖

     広島県大竹市と山口県岩国市にまたがる中国地方最大貯水量を誇るダム湖で、両県の県境を流れる小瀬川をせき止めて作られた。  湖周辺ではアウトドアレジャーが盛んで、キャンプ場、パークゴルフ、そしてレンタルボート施設があり、それらはレストハウスの「レイクプラザやさか」が管理している。また、有料だがマイボートを出すことも可能で、スロープも完備。ただし、水位が下がるとレンタルボートもスロープも休業となるので、事前の確認が必要。  対象魚はブラックバスのほか、ブルーギル、コイ、フナ、アユ、オイカワ、ウグイ、ハス、ナマズなどが挙げられるが、釣り人は圧倒的にバス狙いが多く、広島県の中ではバスフィッシングのメインフィールドに数えられる湖だ。トーナメントも盛んでNBCチャプター広島のトーナメントも開催されている。  地形的には岩盤やガレ場などの切り立った岸と、各流入河川の上流部にはシャローエリアもある。バスの魚影は濃く、サイズもいいのだが、日頃からプレッシャーが高いので、誰でもイージーに釣れるとは言い難い。山陽自動車道岩国IC、大竹ICからは20分以内、大竹市、岩国市の中心街からも30分以内と非常にアクセスがいい。

  • 2020/02/21 更新

    布目湖

     淀川水系の木津川へ繋がる布目川を堰き止めて作られたのが布目湖(布目ダム)は、釣り人以外にも風光明媚で自然豊かな憩いの場として人気が高い。湖岸は自転車競技やマラソンのコースとしても知られており、やまぞえ布目ダムマラソン大会が毎年開催されている。  古くから釣りの名所として知られ、ヘラブナ、ワカサギ、ブラックバス狙いの釣り人で通年賑わう。ポイント的には各ワンドやコンクリート堤などからの陸っぱりがしやすく、各所で釣りが楽しめるようになっている。  ヘラブナは、特に春の乗っ込み時期には超大型が狙えるため、数多くのヘラ師が竿を並べる奈良県内でも有数の釣り場。湖の各所で景色の良い野ベラ釣りが楽しめる。冬季はワカサギ狙いで多くの釣り客が訪れる(4月1日から10月31日までは禁漁期間)。さらにブラックバスのポイントとしても有名で、大型で良コンディションのバスが釣れると評判も高い。  注意事項として、布目ダムサイトと副ダムの周囲が遊漁禁止区域となっていることと、ボートでのエンジン利用が禁止されているので注意。  遊漁券は日券で1000円、年券で5000円。詳しくは奈良県漁業協同組合連合会(布目川漁業協同組合)にて。

  • 2020/02/21 更新

    市房ダム湖

     市房ダムは、球磨川の最上流に作られた球磨川流域最大の多目的ダム。湖の周囲には数多くの桜があり「1万本桜」と呼ばれる名所となっている。春には数多くの観光客が訪れる熊本県でも屈指のお花見スポットとして知られ、期間中は湯山温泉桜まつりといったイベントも行われている。  以前はヤマメやサクラマスなどが悠然と泳ぐ釣り場と言われていたが、現在ではヘラブナやブラックバス釣り場として知られる。ヘラブナはダム湖ならではの尺上が揃った大型が狙える場所として人気がある。本湖でも釣りは可能だが、バックウォーターの球磨川、湯山川などが釣り座は多く釣りやすい。  ブラックバス狙いでは熊本県内でもメジャーなバスフィールドで、NBCチャプターなどの大会も開催される。本湖は傾斜のある場所が多いため、陸っぱりではバックウォーター付近での釣りがメインとなってくる。撃つポイントの幅も広がるため、持ち込んだボートから釣りをするアングラーも多いが、エンジン船の使用は禁止されていて、動力はエレキのみに限られている。

  • 2020/02/21 更新

    月ヶ瀬湖(高山ダム)

     月ヶ瀬湖は、京都、奈良、三重の1府2県にまたがる淀川水系名張川を堰き止めて作られたダム湖。釣り人の間では高山ダムというダム名の方がよく知られている。  周辺には数多くの梅の木が植栽されており、名勝地「月ヶ瀬梅林」として古くから有名な場所。梅林と月ヶ瀬湖の湖面との見事な調和を楽しみに訪れる観光客が多く、湖面からカヌーやSUP(スタンドアップパドル)で景観を楽しむ人もいる。  月ヶ瀬湖自体はダム湖ながら水辺まで下りられる場所が多く、岸釣りも盛ん。特に多いのはヘラブナとブラックバスで、とくにヘラブナは奈良県内にある近くの布目ダムとともに巨ベラが狙えるとして有名なフィールドだ。なお、コイとフナについては乗っ込みシーズンである3月1日~5月31日までキャッチアンドリリース期間が設定されている。  ブラックバスも大型が狙えるフィールドとして人気が高く、名張川からダムサイトまでポイントが各所にある。陸っぱり以外にもボートの持ち込みが許されていて、八幡橋の近くにボートスロープもある。しかし、エンジンの使用は禁止されている。  湖での遊漁料は日券800円、年券2500円で月ヶ瀬観光会館等で購入可能。現場にて漁業監視員に納付する場合は日券200円、年券500円が追加で必要になる。  ダム下流の木津川などの河川ではアユの友釣りやアマゴ釣りの人気も高いが、そちらで楽しむ場合は遊漁料金等も変わってくるので注意が必要となる。詳しくは三漁協どっとこむ(月ヶ瀬、波多野、五月川漁業協同組合)のホームページ:http://www.3gyokyou.com/index.html。木津川水系でのアユ、アマゴ釣りは木津川漁業協同組合にて確認を(http://www.kidugawa.com/)。

  • 2020/02/21 更新

    戸面原湖

    湊川水系の最上流に位置する灌漑用アースダム。 ヘラブナの釣り場として長い間有名だったが、2017年秋にバスフィッシングアングラーにもレンタルボートを解禁。 ヘラ師とバスアングラーが共存する湖となった。 ヘラブナ釣り場としては、毎年多くの魚が放流されているため、魚影は非常に濃い。 湖の各所にボートを係留するためのロープが張り巡らされていて、釣り座の設定は容易。 非常に軽量な船のため、操船もたやすい。 また、ボート店には各ポイント毎のタナをきわめて詳しく記載したマップが用意されている。 深ダナの場所も多い湖だけに、有効に活用したい。 ルール的にあくまでもヘラ師側が優先であり、そこに配慮しながら釣りを楽しむことがバスアングラーには大切となる。 ウキの近くを通るときはデッドスロー、そして必ず声をかけてから航行することを心掛けたい。 また、エレキのハイバイパス及び2基掛け、ボート2人乗りは許可されていない。 ボート店では予約なしで朝食を500円で食べることができる。 出船時間は以下の通りルールが設定されている。 ヘラブナ 出船時間は以下の通りルールが設定されている。 1、2月 午前6時30分    午後4時 3月  午前6時00分    午後4時30分 4月  午前6時00分    午後5時 5~8月 午前5時30分     午後5時 9月  午後6時00分    午後5時 10月  午前6時00分    午後4時30分 11、12月  午前6時30分  午後4時 バスアングラー(出船10分遅れ) 1、2月 午前6時40分    午後4時 3月  午前6時10分    午後4時30分 4月  午前6時10分    午後5時 5~8月 午前5時40分     午後5時 9月  午後6時10分    午後5時 10月  午前6時10分    午後4時30分 11、12月  午前6時30分    午後4時