4月~6月は全動画見放題!

POINT MAP

京都府 月ヶ瀬湖(高山ダム)

Field info

 月ヶ瀬湖は、京都、奈良、三重の1府2県にまたがる淀川水系名張川を堰き止めて作られたダム湖。釣り人の間では高山ダムというダム名の方がよく知られている。
 周辺には数多くの梅の木が植栽されており、名勝地「月ヶ瀬梅林」として古くから有名な場所。梅林と月ヶ瀬湖の湖面との見事な調和を楽しみに訪れる観光客が多く、湖面からカヌーやSUP(スタンドアップパドル)で景観を楽しむ人もいる。
 月ヶ瀬湖自体はダム湖ながら水辺まで下りられる場所が多く、岸釣りも盛ん。特に多いのはヘラブナとブラックバスで、とくにヘラブナは奈良県内にある近くの布目ダムとともに巨ベラが狙えるとして有名なフィールドだ。なお、コイとフナについては乗っ込みシーズンである3月1日~5月31日までキャッチアンドリリース期間が設定されている。
 ブラックバスも大型が狙えるフィールドとして人気が高く、名張川からダムサイトまでポイントが各所にある。陸っぱり以外にもボートの持ち込みが許されていて、八幡橋の近くにボートスロープもある。しかし、エンジンの使用は禁止されている。
 湖での遊漁料は日券800円、年券2500円で月ヶ瀬観光会館等で購入可能。現場にて漁業監視員に納付する場合は日券200円、年券500円が追加で必要になる。
 ダム下流の木津川などの河川ではアユの友釣りやアマゴ釣りの人気も高いが、そちらで楽しむ場合は遊漁料金等も変わってくるので注意が必要となる。詳しくは三漁協どっとこむ(月ヶ瀬、波多野、五月川漁業協同組合)のホームページ:http://www.3gyokyou.com/index.html。木津川水系でのアユ、アマゴ釣りは木津川漁業協同組合にて確認を(http://www.kidugawa.com/)。

所在地 京都府相楽郡
アクセス 車の場合
名阪国道の五月橋ICから右折し、国道25号(波多野街道)を経由して県道4号を進めばダムサイト方面へ至る。

電車の場合
関西本線の月ヶ瀬口駅より徒歩またはタクシーなどを利用して約4kmほど。

周辺施設情報